小林麻耶の病名はパニック障害とイタい自虐キャラと性格に原因が

この記事は2分で読めます

小林アイキャッチー

ブリッコ自虐キャラでブレイクしてた
フリーアナウンサーの小林麻耶(36)さんの
休業が発表されましたが、病状からして
パニック障害ではないかと言われています。

5月出演のバイキングでの途中搬送からの
入院で今回の休業となった流れと彼女の
本当の性格に今までの自虐キャラに原因も
あったのでは~と噂されています。

彼女の症状と、自虐キャラを演じた故の
病名も一緒に追ってみましょう。




Sponsored Link

小林麻耶の病名はパニック障害

最初のきっかけはやはり「バイキング」での
5月19日の生放送中の緊急搬送だ。

この時点で1週間の検査入院で心配する共演者
をよそに、落ち着いたらすぐに復帰かと思われて
いた。
小林パニック
が、結果は「しばらく休業」と発表。

過労との公表であったが、結局彼女の突然のこの
症状を考えると、タレント安西ひろこも侵された
「パニック障害」ではないかと言われている。

不安やストレス、環境などから100人に1人の
割合で起こりうるパニック障害。

安西ひろこさんも一時は本当に深刻で、自信が
芸能界に復帰してから告白していたが、トイレさえ
自力でいけず、「垂れ流し状態だった」程の深刻さ。

彼女の収録前日のブログの様子からしても充分に
考えられる病名と言えるだろう。

そのブログの内容が、

社会人になって友達が出来なかった。
寂しかった。
悲しかった。

何か心の闇が垣間見えて、思いのほか深刻な状況
なのかもしれない。

この二人の状況から考えても安西ひろこさんも
休業報告の時には「過労」からの休業を報告。

だが結局2014年「パニック障害」だった事を
告白している。

しかもこの病状と13年間も戦ってきたという。
やはりそこには、多忙で、孤独だった事も原因に
挙げられていた。

これらの状況から共通点はどう考えてもありうる
と考えてやっぱり小林麻耶さんもパニック障害で
ある可能性がかなり高いだろう。




Sponsored Link

小林麻耶の繊細な性格が自虐キャラに限界が?

現在はフリーアナウンサーとしてブリッコキャラ
確立したキャラクターで活躍した彼女だが、元々は
真面目でかなり繊細なタイプだと言う。
小林自虐キャラ
元TBS時代を知る同僚によると、

表面上は取り繕っていても、他人にどう見られているかは
とても気にするタイプで、責任感も強く、現在の結婚できない
イタイ自虐キャラを演じるのに、本来の自分とのギャップに
精神的に身心が悲鳴を挙げたのかしれません。
netallica引用

そう考えたら何と言ってもフリーアナ。
どんなキャラを演じてでもテレビでの需要を考えて
自らの売り込みやすいあの自虐キャラを演じていたのは
理解できるし、また相当に彼女が無理をしていたのも
頷ける。

8月いっぱいの休養と言われているが、一刻も早く
ゆっくりして自分らしさを取り戻して欲しい。

まとめ

小林麻耶さんの休業宣言は、パニック障害の可能性が高い。
無理なキャラでの自虐キャラと身心でのバランスが難しく
彼女の限界に達したのだろう。どうか自分を取り戻して
健康で可愛い彼女の笑顔が早く見られますように。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 小林アイキャッチー
  2. 塚元アイキャッチー
  3. 本田アイキャッチー
  4. アイキャッチー佐藤渚
  5. 麻央アイキャッチー
  6. 水ト麻美アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです

最近のコメント