尾崎豊の再来?息子がデビューする?父亡きあとの生い立ちは?

この記事は2分で読めます

アイキャッチー尾崎

カリスマ的存在となるも1992年あまりにも若すぎる
26歳での突然の死で、当時、社会的にも大きな衝撃を与えた。
そんな尾崎豊さんの再来かと思わせる
歌声の息子裕哉のこれまでとこれからを追ってみましょう
スポンサードリンク

尾崎豊とは?

尾崎 豊
出生 1965年11月29日
出身地 東京都世田谷区
死没 1992年4月25日(満26歳没)
学歴 青山学院高等部中退
ジャンル ロック
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
活動期間 1983年 – 1992年
1尾崎豊
1983年12月シングル
「15の夜」とアルバム「十七歳の地図」でデビュー
尾崎自身も18歳だった。二人兄弟の次男として生まれる。

ファーストアルバムである『十七歳の地図』は
セールスが伸び悩んだが音楽評論家からは大絶賛され
、10代最後の日に3rdアルバム『壊れた扉から』を発売しヒット、
同時期に行われていたツアーも満員となるなど人気は絶頂を迎える。

20歳になり曲を生み出せない苦悩から方向性を見失い
突然無期限活動休止を宣言し単身渡米する。

さらには覚せい剤取締法違反で逮捕され精神的に低迷
1991年末に母親が急死、交友関係も狭くなっていき、
再び精神的状況は悪い方向へ向かい。翌年尾崎も急逝する。

亡くなった時の状況が全裸で全身の殆どに多数の傷やあざがあり
他殺説も疑われたが大量の覚醒剤服用による
急性メタンフェタミン中毒が引き起こした肺水腫と結論付けられている

内臓も覚醒剤を経口摂取した形跡があり、
肺にも覚醒剤中毒の症状が見られたという検死をした
支倉逸人の著書によれば、擦過傷と打撲傷をじっくり調べた結果
他者からの暴行により生じるのとは異なる状態であったと。

それを裏付けるように尾崎が転倒したり暴れて転げ回っていた証言の
警官の確認もあり、この異常行動は覚醒剤中毒者によく見られるものである。

なお、支倉によれば頭部に小さな外傷性くも膜下出血も確認されたが
、極めて微量の出血で、死に至るほどの重症ではないという。


スポンサードリンク

尾崎豊の1人息子の 裕哉がデビュー

尾崎 裕哉(おざき ひろや、1989年7月24日 – )
1992年4月25日 – 2才の時、父・尾崎豊 死去
幼少時代を母親と共にアメリカ・ニューヨークで過ごす
2008年6月 – アメリカンスクール・イン・ジャパンを卒業。
2008年 – 慶應義塾大学環境情報学部に入学。

尾崎の息子の裕哉の声だと知ったときには本当に鳥肌もんだった。
あの曲だけでも、この裕哉氏の声!まさに生き写しだ。

彼が2歳の時に尾崎豊さんは亡くなられてるし
あの独特の魂を込めて歌う歌い方を真似した風とも違うのに、
往年のファンや尾崎の声を歌を知ってる人なら理屈でなく
DNAを感じざるをえなかったんじゃないでしょうか。

そんな彼は2004年からトリビューアルバムで
『”BLUE” A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』
『THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2005』に
“HIRO”という芸名で、須藤晃の息子・Tomi YoとCrouching Boysの
メンバーとして参加、「15の夜」を歌っている

また現在インターFMでラジオDJとしても活躍されてます。
昨日10月10日には大阪のライブハウス「DROP」で
ライブイベントを行い父の楽曲を歌ったらしいです。

ちょうど父が亡くなった年の26歳になった裕哉氏は
父親と比べられる事にプレッシャーを感じつつもこのように、
お客さんに、見てもらえるのも父がいたおかげだと。

数少ないだろう素敵な家族の3ショットです
10おざき

尾崎豊亡き後に~

過去のインタビューでは環境や社会問題を音楽で解決する
方法を研究していく。完全に歌手としてデビューするとは言ってないが、

ファンとしてはあのカリスマ尾崎豊の分身。
あの歌声を聞けば存在事体がありがたい。
そんなプレッシャーとか、関係無しでどんどん公に
出てくれたらと思う人も少なくないと思う。

まだ26歳。くしくも父はこの若さで世を去ったが、
その分尾崎の再来としてこれからの活躍を楽しみにしたい。
久しぶりに尾崎豊聞いたけど、やっぱりカリスマです。

胸をわしづかみされた感じにさせる人でしたね~


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. たけうちアイキャッチー
  2. アユアイキャッチー
  3. 2武内
  4. 7稲葉
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです

最近のコメント