蜷川幸雄が死去!死因の病名は?娘と交わした10カ条がカッコイイ

この記事は3分で読めます

蜷川アイキャッチー

あの「ロミオとジュリエット」などの舞台演出で知られ
俳優の藤原竜也さんなどを見出した事でも知られる演出家の

蜷川幸雄さん(80)が死去したことが発表された。
この近年病気だった事が原因なのか?

最後まで復帰を願った彼の娘蜷川実花との親子らしからぬ
交わした10カ条も「世界のニナガワ」と呼ばれた男らし過ぎる
金言も一緒に追ってみよう。




Sponsored Link

蜷川幸雄が死去

演出家蜷川幸雄さんが12日午後、都内の病院で亡くなった。
80歳だった。

今年の2月から体調不良の為2月に埼玉、彩の国さいたま芸術劇場
で開幕予定だった「蜷の綿(になのわた)」の上演を延期していた。

国際的にも活躍された演出家として文化功労章受賞者であった
蜷川氏は1969年に演出家デビュー。

代表作は「ロミオとジュリエット」で大劇場で上映して成功を
収め、「リア王」「近松心中物語」など海外にも進出。
蜷川死去
この「蛇にピアス」も蜷川さん監督で話題作となった。

大胆な手法で演出することで有名で俳優の藤原竜也氏なども
彼の演出で見出した事で有名になった事で知られている。

通夜は15日午後6時、告別式は16日正午より東京・青山葬儀場にて執り行われる。

蜷川幸雄の死因の病名は何?

過去にも脳梗塞や狭心症で大きな外科手術も経験されている
蜷川さんは、最近も持病があったようです。

近年では去年の12月に体調を崩して入院したときの病名は
軽度の肺炎だったようで。
蜷川病名
その後は本人の意思で復帰を願いリハビリを続けるも、
12日午後1時25分に肺炎による多臓器不全のため、死去。80歳。

ハードでストイックな演技指導でも有名だった蜷川さんですので
年齢的にも舞台演出での無理が祟ったのかもしれませんね。

年齢が高齢であった事から他の疾患にもかかり身体の免疫力が
落ちていたことから肺に病原体が入った事が原因だったようです。

口よりさきにモノが飛んできた。というくらい劇場型の演技指導で
知られた蜷川さんです。

そういった本人の気性も関係あるのかもしれませんね。




Sponsored Link

蜷川幸雄の娘と交わした10カ条がカッコいい

家族は奥様に元女優の真山知子さん。
現在はキルト作家だそうです。
かなりな美人ですね。

蜷川さん31歳  青山さん25歳の1965年に結婚しています。

そしてお嬢様がこれまた有名でお顔もソックリな蜷川実花さん。
写真家としても映画監督としても最近では「へルタースケルター」
で父の蜷川さんに似て大胆で斬新な色彩や見せ方で話題となりました。
蜷川娘
そしてこの父蜷川幸雄さんの娘実花さんに教えた家訓が凄いのです。
さすが演出家というか、何とも普通のお父さんとはかけ離れた感覚。

彼女が幼いころはまだ今程知名度も活躍もしてなく主夫で
イクメンだった世界のニナガワになる前からの彼女が見た
父の姿もまた世界観が独創的で素敵なんです。

いつだったか雑誌の特集で彼女が語っていて痛く関心した
というかワオ~かっこいいって思った10カ条。
探せて良かった。
10カ条

1)いつでもどこでも男を捨てられる女であれ
2)経済的にも精神的にも自立せよ
3)出来るだけたくさんの男と付き合え
4)なにしてもいいけど妊娠だけはするな

学生のときは妊娠だけはするなと言われていたそうです
5)従順なだけの女にはなるな
6)男に騙(だま)されるな、騙せ
7)なにより、かっこいい女になれ
8)自分が正しいと思ったら、なにがなんでも突き進め

9)過激に生きろ
10)妬(ねた)むより妬まれろ。

カッコいい何か演出家蜷川幸雄そのものがこの言葉に
集約されたような言葉と、現在の彼女をみると見事受け
継がれているな~と納得。
蜷川娘
長年俳優やら女優などの華やかなでも厳しい世界に身を
置いてきた蜷川さんが愛する娘に対して、父として、そして
一人の男性としても突き放した角度から見たこの10カ条に
「世界のニナガワ」と言われる所以を今更ながら感じでいます。

実花さんも今日こんなコメントを出しています。

「今日、父が逝ってしまいました。最期まで闘い続けたかっこいい父でした。
父の娘でいられたことを誇りに思います」

おわりに

今年の1月体調を崩して2月の舞台に復帰を最後まで願っていたという
蜷川幸雄さん。まだまだ彼の世界を見て見たかったけど、娘の実花さんが
世界観をきっと受け継いで演出してくれるでしょう。
ご冥福をお祈りします。安らかに~




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 紀里谷アイキャッチー
    • ちーば
    • 2016年 5月16日

    誤字が多すぎます。
    まず、蜷の麺になってますし(綿ですよね?)、奥さまは青山ではなく、真山です。
    素敵な記事なのに。。。

      • kiki1215
      • 2016年 5月16日

      ちーぱ様
      ご指南ありがとうございました。誤字、ただいま確認、修正いたしました。お恥ずかしい限りです。
      つたない記事ですが、今後も少しづ更新していきますので、また懲りずに宜しくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです