渡哲也死去は病気の悪化が原因?子供や吉永さゆりが元カノは本当?

この記事は3分で読めます

渡哲也アイキャッチー

若い頃から大腸がんなど数々の闘病生活を送り
現在も懸命のリハビリ生活中の石原プロの元社長
でもある俳優渡哲也。

渡さんの病状が心配される中死去説まで浮上する
病気の具合はどんな症状なのだろう。

プライベートも明かさない事で有名な彼の子供さん
や過去の元カノが女優吉永さゆりは本当?も追ってみよう。




Sponsored Link

渡哲也死去説は病気の悪化が原因か?

昔の任侠映画の大スターで大ヒットドラマ「太陽にほえろ」
の石原プロの元社長でもある渡哲也さんの体調不安が
噂されてます。

死去
出典:http://www.daily.co.jp/gossip/2015/12/16/0008649348.shtml

若かりし頃から病気との闘いであった渡さんは過去にも
1972年に胸膜炎を発症1991年には大腸がん、2年前の
には急性心筋梗塞も経験し、当時は命の危険もあった
程具合が良く無かった時期もあったそうです。

1991年当時の大腸がんでは、命に別状はなかったものの
50歳での手術では以後、人工肛門を付ける事に・・・

そんな病気続きの渡さんですが現在の病気は一体どんな
様子なのでしょう?

15年の6月10日に受けた手術でも無事に手術は成功したが
その後1カ月間入院生活を送り、同じ石原プロの舘ひろしさん
曰くその後の病状を「下手すれば命にかかわる手術だった」
話す程の手術だったそうです。

その後は自宅での奥様とのリハビリが続いてますが
その甲斐あって同年の11月には松竹梅のCM撮影を
行える程い復帰。

現在では昔程目立つ活動はされてませんが、死亡などは
全くもってのガセネタのようです。

この数年には往年のスターが相次いで亡くなっている
事から身体の弱い渡さんにも死亡説などの縁起の悪い
評判が出たのかもしれませんね。

早く映画やドラマでまた元気な姿を見たいですね。

渡哲也の子供

そしてこちらがあまりプライベートな露出の少ない渡哲也
さんの子供さんって見えないの?って事で調べてみました。

そしたら一般女性(大学時代の同級生)の奥様との間に
息子さんが一人見えるそうです。

息子さんは小学校から大学まで青山学院のストレート
の学校で勉強されて、現在は俳優や芸能人とは一線を引いた
全く別の会社(鹿島建設)に勤務されているようです。

大学時代はアメリカンフットボールをしていて、既に青学
の同級生だった女性と結婚。

家庭ももっているそうで、病気がちな父の住む実家の近くに
住まいを変えて暮らしているそうです。




Sponsored Link

渡哲也の元カノは吉永さゆりは本当?

そして気になるのがこちらの過去の元カノ情報です。

過去何かの雑誌で見て衝撃があるこの女優の吉永さゆり
さんとの交際は事実だったのでしょうか?

私が見た雑誌はうろ覚えですが、渡さん曰く
「さゆりなら俺が言えはいつでも出てくる」と周囲に
豪語するほどの関係だった・・・とか何とか・・・汗

吉永さゆり
出典:sponichi
めちゃ美人と男前・・・

清純派女優で大人気だった当時の吉永さゆりさんと
渡哲也さんとの接点は何と「愛と死の記録」1966年で共演。

この共演で相思相愛だった二人は急接近して交際。

だが当時両親にかなり束縛されて言いなりだった吉永さゆり
は、当時両親公認で交際していた吉永さゆりは、結婚を夢見るも
両親の大反対に合い、結局二人は破局。

両親の大反対の理由は当時また吉永さゆりに負けず劣らずの日活
の映画スターだった渡哲也の事を

『あんなにモテる男じゃお前が苦労する』

そう言って娘を説き伏せたと言われている。

渡さんも相当吉永さゆりを説き伏せたといますが結局
最後は吉永さゆりが『あなたとは結婚出来ません』
両親の意思に沿って別れを選んだと言う。

その後渡さんは大学時代の同級生との現在の妻と結婚。
吉永さゆりさんも、別の当時ディレクターだった岡田
太郎氏と、この時も両親の大反対にあいながらも結婚。

岡田太郎氏は当時43歳。吉永さゆりさんは28歳の年の差婚
で世間を驚かせた。

おわりに

昭和の大スター渡哲也さんと吉永さゆりさんの交際には、かなり真実味があってビックリです。でも出会いと別れと
病気を繰り返しながらも傍らで支えてくれた現在の妻こそが本当のご縁のあった女性だったのでしょう。益々健康で今年はまたドラマや映画で元気な姿を見せて欲しいですね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 川口春奈アイキャッチー
  2. 小出恵介アイキャッチ
  3. ありさアイキャッチー
  1. 初投稿です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです