浅香光代死去想定の終活で明かす子供の父親が発覚?現在の体調も

この記事は4分で読めます

浅香光代アイキャッチ

戦後の舞台演劇の世界で一躍スターとして
若い頃から看板をしょって活躍した浅香光代(88)。

彼女が自らの死を意識して終活として明かした
自身の子供の存在とその父親が大物政治家と告白
したのは今から3年程前だ。

女剣劇界一筋だった彼女が惚れ抜いて息子を2人も
隠し産んでいたその政治家の名前と現在の浅香の
体調も追ってみよう。




Sponsored Link

浅香光代死去想定の終活で暴露?

最初の暴露したのは2014年2月7日号の「夫人公論」
での話だ。

隠し子騒動で持ち上がった彼女の2人の息子は
彼女の20代で不倫関係にあった大物政治家Sだと
浅香自身が暴露した事で世間で話題となる。

彼女自身は9歳から舞台の世界で弟子入りして
若干14歳の若さで自身の浅香光代一座を持った
希代の舞台女優だ。

そんな彼女が人知れず誰にも内緒で、(浅香曰く
弟子にも内緒)でひっそりとその子供を産んで
育てたのは、『本当にその人(政治家)が好きだった
から絶対に迷惑はかけたくないと思った。』

もう既に若い頃とは明らかな体調の変化に本人が
死去した時の事を意識して終活を決意した事がきっかけ
だったとテレビで話している。

15年放送の「私の何がイケないの」に出演した時
既に財産分与や遺言書作成の手続きを始めている
と放送されてます。

芸歴80年近い彼女は当然5階建てのビルに3億円の
着物・・・
他にもきっとたんまりなはず・・・

財産は内縁の夫に半分、隠し子2人には4分の1
ずつ分与することを決めた。

内縁の夫に半分って・・・酷い・・・

浅香光代の隠し子は2人居た

当時から既に演劇界のスターだった浅香光代は
産んだ子供との住まいも別々で住み決して自分を
「お母さん」と呼ばせなかったそうです。

呼び名はまさかの「先生」と呼ばせ
自分も実の息子なのに『坊ちゃん』と呼んでいたんだ
そうです。

何だろ?切ないですね。

長男は現在も一般人として保険外交会社を運営する人物で
現在63歳位。

次男はテレビ関係者で以前も親子出演をしている
北岡昭次61歳。年子の男の子2人だったようです。

この次男の北岡さんは以前テレビに出た時元総理の
鈴木善幸に『似てる』と騒然となったそうです・・・

似てるかなぁ~う~ん良く分かんない・・・




Sponsored Link

浅香光代子供の父親は2人のどちらかが濃厚

そこで今は亡き大物政治家S氏探しが当然始まったのですが
浅香氏の言う条件に当てはまる人物で濃厚なのがこの2人だと
言われています。

浅香が明かした条件

子供は居ないが既婚者
自民党ナンバー2だった
1928年生まれの浅香光代より30歳位年上
郵政大臣より上の肩書き
三味線もたしなめた。
「総理大臣になるところだった人」

そしてS氏とされたSは苗字では無く下の名前の
Sとの事・・・

これらに当てはまる人物が

一人目が前尾繁三郎。(週刊現代)も前尾氏推しらしい。

自民党幹事長を3期勤め浅香光代と出会ったとされる
48年当時は大蔵官僚だった。
奥様も西宮の令嬢だった。
その上三味線も得意だったそうで故田中角栄元首相の
小唄に合わせて三味線を披露できる腕前だったとか・・・

ただ年齢は浅香光代と23歳差で、浅香氏がきっちり
バレないようにワザと画策したので無ければ年齢に
誤差がある。

もう一人の濃厚候補が川島正次郎。
この方もあの時代に置いて、幹事長、自民党副総裁
まで駆け上がった紛れもない大物政治家で、本妻との
間に息子が一人いたものの、(川島正孝)病気で
亡くなっている。

ちなみに元総理の佐藤栄作と鈴木善幸もSの名前で
イニシャルが合うが子供が居なかったと言われる点で
相違するのでまずこの2人はあり得ないだろう・・・

と言う事で、浅香光代が本気で愛した最初の男と
される大物政治家の二人の候補はやっぱり

前尾繫三郎と、川島正次郎のこのお二人のっどちらか
の可能性がかなり高いのではないのでしょうか・・・

浅香光代の現在

そして現在健康面に不安を感じながらも
内縁の夫で夫でコメディアンの世志凡太(82)
と一緒に暮らす浅香光代さん。

14年に一度体調を崩して入院となった彼女を
支えるのは、いつも世志凡太氏が一緒に付いている。

何でも22年前から家庭内別居状態の二人だったが
この浅香の入院がきっかけで、医師の勧めから現在
ではまたベットを共に過ごしている。

あれほど元気だった江戸前口調が十八番だった
浅香さんも寄る年端には叶わず現在では一人での
外出もままならず、入浴も介護の助けが必要に
なっているそうだ。

おわりに

戦前戦後を知る浅香光代の逞しくも凛々しく自ら「本気で愛した人の子供」を2人産みながらも芸の道で第一線を張って生きてきた浅香光代と言う女性の生き様はまさにアッパレの一言です。終活を胸に最後に「隠し子と大物政治家」の事を暴露したのは、やっぱり女心だったのかもしれませんね。好きな人はみんなに打ち明けたくなるものだから~




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 阿藤快アイキャッチー
  2. 高橋一生アイキャッチ
  3. 竹内力アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです