レオナルド・ディカプリオ悲願アカデミーの為にヨゴレ役見事に演じる

この記事は3分で読めます

レオアイキャッチー

あのタイタニックで一躍スターダムに
のし上がったディカプリオももう既に
41歳。

俳優としては円熟期とも言える彼がこの数年
常に熱望していたアカデミー賞でついに念願の
主演男優賞に輝いた。

毎年期待されながらも掴むことの出来なかった
このアカデミーに賭けた今作品に賭ける思いで
臨んだ今作はそこまでしてアカデミーが欲しいのか?

とハリウッドでは揶揄されたくらいだという。
めでたくディカプリオが獲得したこの名誉ある
アカデミー賞を獲得する為に彼が挑んだ今作品
のヨゴレ役は相当なものだったらしい。

一足先に追ってみようと思う。
Sponsored Link



レオナルド・ディカプリオ悲願のアカデミー

第88回アカデミー賞授賞式が2月29日(日本時間)
米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われた。

朝から報道番組でも取り上げられていたが、今年
こそはディカプリオが主演男優賞獲得するか~との
報道はここ何年もウワサされてきた。

今日ももちろん注目の俳優として話題の彼であったが
やっと念願の男優賞を獲得。

主演作品は『レヴェナント:蘇えりし者』
(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)

何と現在まで5度目のオファーで獲得した
悲願の男優賞獲得となった。

過去注目されながらも涙をのんで受賞を逃した
作品は(『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
『ブラッド・ダイヤモンド』『アビエイター』)

助演男優賞に1回(『ギルバード・グレイプ』)
にもノミネートされながら全て逃した形となり
ハリウッドでもありがたく無い呼び名

  「アカデミー賞に嫌われた俳優」とまで言われた位だ。

レオアカデミー
感激の言葉でディカプリオは
    「ここにいる皆様に感謝します」

「レヴェナントというのは信じがたいキャスト
スタッフで作り上げた映画です。トム・ハーディ
兄弟として取り組んでくれました。ありがとう。
そしてイニャリトゥ監督、あなたは2年間で素晴らしい
映画を作りだしてくれました」さらに

「気候変動というのは本当です。実際に起きています。
私たちは力をあわせる必要があります」と警鐘も鳴らした。
        yahoo引用





Sponsored Link

レオナルド・ディカプリオアカデミーの為にヨゴレ役を

今作に取り組んだディカプリオは撮影前から
評判の作品であったが劣悪な環境で、その撮影
シーンには信じられないようなドブに浸かったり
凍った川の中に入ったり、本物の動物­の死骸の中で
眠ったりと迫真の演技を見せている。

「バイソンの生レバーを食べた」
「格闘シーンで鼻の骨を折った」など
にわかに信じられない程の渾身の役作りで、

文字通りアカデミーに賭けるディカプリオの
熱意が報道されたりもしたが、同時にそんな思い
をしてまでアカデミーが欲しいのか?ともマスコミ
には揶揄する声もあった程の作品。

文字通り身体を張って獲得した今作品。
期待の『レヴェナント:蘇えりし者』
ディカプリオの力作なのは間違いないようだ。

『レヴェナント:蘇えりし者』

それ程までにディカプリオの力作とあれは
今から楽しみな作品だがセリフがほとんど無い
構成だという。

仲間の裏切りで最愛の息子を奪われた男を熱演。
愛するものすべてを奪われた男の復讐心と“生への
渇望”を神々しいまでに表現したという作品。

何と言ってもレオ様の綺麗な鼻が折れたくらい
ハードな作品。

映画史上もっとも鮮烈で壮­大なサバイバルな
ドラマと評価の今作品かなり今までとは違った
レオ様がみられそう。

本当にこれ良さそうです・・・迫力が凄い

これは是非見にいかなくっちゃですね。
しかしバイソンってなんだったかな?
生レバー食べたシーンも楽しみ・・・笑

主演したディカプリオ
4月22日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。

まとめ

いかがでしたか?今年こそことしこそと言われてゲット
した悲願のアカデミーでの主演男優賞。良かったですね。
かなりハードな内容のようですが環境問題にも積極的に
取り組んでいる元祖エコ男のレオ様が警鐘を鳴らす今作品。
是非この春は映画館行ってみようと思います。
ますますこれからの活躍が楽しみですね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 大竹しのぶアイキャッチー
  2. アイキャッチー藤田
  3. 朝丘雪路アイキャッチー
  4. 深キョンアイキャッチー
  5. 江口アイキャッチー
  6. 戸田アイキャッチー2
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです

最近のコメント