元少年A 『絶歌』の次の手はまさかのホームページ?

この記事は3分で読めます

神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇聖斗こと元少年Aが世間の批判を
よそに『絶歌』を出版し、今回はさらに?一体彼の目的は何なのかを
追ってみましょう
スポンサードリンク



神戸連続児童殺傷事件とは

1997年(平成9年)2月10日午後4時ごろ、神戸市須磨区の
路上で小学生の女児2人がゴムのショックレス・ハンマー
で殴られ1人が重傷を負った。

3月16日午後0時25分、神戸市須磨区竜が台の公園で、
付近にいた小学4年生の女児に手を洗える場所はないか
とたずね、学校に案内させた後、
「お礼を言いたいのでこっちを向いて下さい」(少年の日記より)
といい、振り返った女児を八角げんのう(金槌の一種)で殴りつけ逃走
女児は病院に運ばれたが、3月23日に脳挫傷で死亡した。

同日の午後0時35分ごろ、別の小学生3年生の女児の腹部を
刃渡り13センチの小刀で刺して2週間の怪我を負わせる。
ナイフの刃先は胃を貫通して、背中の静脈の一歩手前だったという。

5月24日午後、通称「タンク山」と呼ばれている近所の高台に付近に
当時11歳だった少年の弟で顔見知りだった男児を誘い殺害する。

元少年Aの異常性

少年の殺害は絞殺だったが供述での彼の返答が
今更ながらやはり異常性としか言いようが無い。

今までも
ネコを何十匹と殺してきたが
自分と同じ種族の人間を殺してみたくなり

その衝動をどうしてもおさえられなかったと。

殺してる事事体を楽しんでいた、男児を殺すことで
自分だけのものになった気持ちでとても満足した。

とその後の男児の遺体にした残忍な仕様はとても
同じ種族であろう人のしたこととは思えず、
1997年5月27日早朝、神戸市須磨区の中学校正門に、
切断された男児の頭部が放置する。

さあゲームの始まりです
愚鈍な警察諸君
ボクを止めてみたまえ
ボクは殺しが愉快でたまらない
人の死が見たくて見たくてしょうがない
汚い野菜共には死の制裁を
積年の大怨に流血の裁きを
SHOOLL KILL
学校殺死の酒鬼薔薇

1997年(平成9年)10月13日関東医療少年院に入所。
2001年(平成13年)11月27日東北少年院(中等少年院)
2004年(平成16年)3月10日 – 少年院を仮退院

元少年A 『絶歌』を出版

2015年6月10日、32歳となった加害少年が手記
『絶歌 神戸連続児童殺傷事件』

を太田出版から刊行した。

初版10万部。「元少年A」名義となっており、
犯行当時及び現在の本名の記載はない。

その後も7月10日付で第2刷、7月21日付で第3刷と
増刷されるが少年はその売上に満足してないとも一説には
言われている。もっと売れるはずだと・・・・

本書を置かない方針とする書店や公共図書館も
多数あるなかウェブサイトなどでは
確実に一定数の売れ行きだという。





スポンサードリンク

元少年Aのホームページ?

そこに、今回のホームページ!「元少年A公式ページ」で有料だという。
タイトルは「存在の耐えられない透明さ」

元少年A/プロフィール

1982年 神戸市生まれ。
1997年 神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇事件)を起こし、医療少年院に収容される。
2004年 6年5ヶ月の収容生活を終え社会復帰。

身長165.6cm 体重54.3kg
視力 右0.03 左0.05
血液型 A型
大動脈心臓部に雑音あり
性格類型 INFJ型 (興味がある方はこちらどうぞ→ http://www.seikakushindan.info/ )
誇大妄想癖あり

セルフレポートなるものもあり顔だしはしてないが、
上半身の裸、全裸、局部にエイリアンのような生物がついたもの、
巨大なナメクジにまたがったもの、6つに割れた腹筋などらしい、
いずれもグロテスクな彼の世界観を表現した感じらしい。

中には「閲覧注意」と断るべき作品もあるらしい、
有料で800円週刊新潮は、
「当事者しか知りえない、いわば”秘密の暴露”
とでも言うべき事柄が、詳細に記されていた」

おわりに

一体彼がやりたいことは何なのだろう。
このように世間をあざ笑うかのような
投げかけに疑問を感じる人は多いと思う。

タイトルにある「存在の耐えられない透明さ」も
何か言いたげに聞こえる

『絶歌』は残念ながら読む気にはなれないので
遠慮したがこの度彼を追ってホームページは拝見させてもらった。

発信の方法とこの表現の方法がかなり見る物を威嚇してるか
のような投げかけに感じる人が多いのではないでしょうか?

いっそ次は自ら顔出しされるかもですね。
いや、したいのでは?と思える発信力を感じます。




スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです