トランプ夫人メラニアのヌードよりもリフトUPが引張り過ぎ?

この記事は4分で読めます

メラニア夫人

大統領夫人となったトランプ夫人のメラニアさん。

トランプよりも24歳年下のメラニア夫人も話題です。
大統領選ではまさかの過去ヌードの画像流失も問題
となり話題になった女性。

そんな彼女の顔の引きつり具合も既に話題となっています。
まさかのリフトUP疑惑を画像で追ってみましょう。




Sponsored Link

トランプ夫人メラニアとは?

元モデルのメラニア夫人は旧ユーゴスラビアの
ノヴォ・メスト出身の元モデル。

スロベニア生まれの人口5,000人の小さな町・
セブニツァという小さな村の出身で16歳で
モデルの仕事を始めた。
メラニア夫人
出典:http://4knn.tv/trump-family/

確かに普通じゃないわ、このスタイルが・・・

18歳の時にイタリアのモデルエージェンシーと契約。

スロベニアの大学でデザインと建築を学んだ後は、
パリやミラノでモデルとして活躍し、1996年の26歳頃
には拠点をニューヨークに移した。

メラニア夫人
出典:http://ameblo.jp/gossip-mademoiselle/entry-12133492700.html

ヴォーグやELLE、GQなどの表紙を飾り、アフラック
などのテレビCMにも登場するモデルとしては完全なる
成功者としてトランプ氏と出会う。

英語が母国語ではないスロベニアで彼女は何と
4カ国語を話す頭の良い女性だそうです。

1970年生4月生まれの46歳スロベキア移民でトランプ大統領
誕生で外国出身のファーストレディーは190年ぶりとなる。

1998年にトランプ氏とパーティーで知り合い
2005年1月にドナルド・トランプ氏と結婚。

スロベニア時代の1990年代にモデルの仕事をしながら
性サービスの仕事をしていたとメディアに取り上げられ
総額1億5000万ドル(約155億円)の賠償金を求める訴え
も起こしています。

トランプ夫人メラニアのヌード騒動

そしてこのモデル時代のヌード画像もかなり選挙中
に話題となりました。

アメリカ大統領戦の長きに渡る闘いの中でも序盤の
2016年3月24日に米大統領選の共和党候補指名争いで
首位争いをしたテッド・クルーズ上院議員の間で勃発
したヌード騒動です。

当時2位で追う形とんったクルーズ氏が22日のアリゾナ
とユタ州を舞台に繰り広げた選挙広告が問題となった。

この時使用したのが15年前のヌード写真で、雑誌「GQ」
英国版のWEBサイトにて2000年に公開された画像だ。
ヌード画像
出典:http://joy-q.com/?d=12488

確かにスッゴイダイナマイトバディーカッコいいW

この画像を用いて
「こちらがメラニア・トランプ、米国の次期ファーストレディーです」

「もしくは、今度の火曜日にテッド・クルーズを支持するという選択もあります」
と、いうコメントを添えて・・・

ネット上では「美人でカッコ良すぎる!」「想像以上にSEXYだった」

だって身長180㎝のスーパーモデル張りのボディーです。
そりゃ~セクシーなはずです。迫力満点ボディーで、東洋人
ではああはなかなかなりません。

でもかなり好評だったとは言え、流石にトランプ氏は
ブチ切れてましたが・・・




Sponsored Link

トランプ夫人の顔はリフトUPのやり過ぎ?

大統領選での演説盗用疑惑辺りからメラニア夫人の
露出が増えるにつれ、何となく違和感を感じていた人
はやっぱり私だけでなかったようで良かったです。笑
目リフト
出典:http://kyomohot.com/4246

どうしても感じてしまう彼女の目元のツッパリ感
顔全体の引張った感

こんな吊り上がった顔って無くない?

その疑惑はどうやら世界共通疑惑だったのですね。

リフト
出典:http://geino-trend.com/archives/1232

これはまだ若い頃のメラニア夫人。この時のほうが目が大きくない?

モデル出身で美しいメラニア夫人ですがこのお顔、
やっぱりガチのリフトアップの賜物だったのです。

リフト
出典:https://www.cubeny.com/beauty_16melania.htm

もちろん一番右が現在のメラニアね・・どうかしら?
やっぱり引っぱってるでしょ?

たしかに46歳にしては皺やたるみの一切感じられない
お肌ですが、皺わなくとも、どう考えても強く引張り
過ぎではないでしょうか?

ありあまる財産家のトランプ夫人です。
この過剰な釣り目。引張り過ぎて目が果てしなく
細目に見えてしまうこの目元は、まさかの失敗では
ないでしょうか?

他人事ながら、たるみを取るか、引張り過ぎて
引きつり釣り目を取るか・・・かなり悩みます。

でも彼女が暮らすのはアメリカ合衆国のニューヨーク
シティーです。

何とか最先端医療の力で素晴らしくナチュラルな
リフトの威力を身を持って証明して欲しいものですね。
関連記事
ドナルド・トランプの生い立ちや若い頃の武勇伝に家族や自慢の娘達
トランプ息子末っ子バロンの高身長に上2人は動物ハンターが趣味!
トランプの娘イヴァンカが超絶優秀過ぎる経歴の華麗なる一族

おわりに

メラニア夫人の超玉の輿とトランプ氏の年の差婚。いかがでしたか?美貌、知力、財力とありあまるこのスリーステップを手に入れた女性はやっぱり最後は美を保つために最先端医療の力を借りるのは今や当然の事なのかもしれません。だけどいくら莫大な金を持っていても、整形だけは成功すえるとは限らない事が彼女を見て証明された気がします。だってどう見ても引張り過ぎですものね。来年1月のトランプ政権への政権交代とその後のトランプ一家の活躍に益々目が離せませんね。




Sponsored Link




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 11伊達
  2. メリー喜多川アイキャッチー
  3. 藤島手越し
  4. チェスンシルアイキャッチー
  5. 高田明アイキャッチー
  6. メリーアイキャッチー1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです