工藤静香が劣化から復活した!ついにアンチエイジングの領域へ?

この記事は3分で読めます

静香アイキャッチー

80年代のおニャン子出身でその後ソロデビューもして
文字通り80年~90年代を代表するトップアイドルだった
工藤静香。

結婚後は歌手活動よりも子育てを優先させてきた彼女は
見事に脱アイドルしてきた一人と言え、近年ではSMAP
キムタクの妻としての印象が強い。

引退したわけではないのでたまのテレビ出演ではその
劣化ばかりがウワサされたが、今年になって復活?
したとの情報が・・・

ついに静香も踏み出したかアンチエイジングの領域に~
な情報とキムタクとの家族関係も追ってみよう。
Sponsored Link



工藤静香が劣化から復活した!

元々がアイドルになって当たり前と思わせるレベル
のルックスにあのスタイルの良さ。
静香劣化
だがよる年端にはかなわず、40歳くらいの2012年過ぎ
からは、たまのテレビ出演では話題となったのは、その
劣化ぶりばかりが話題になった。
静香劣化
ネットを中心に妖怪と並べた画像のタイUP画像など
が拡散されて悪意に充ちた拡散とは言え、正直、全盛期が
綺麗過ぎた存在だったので、その劣化ぶりも100%否定
は出来ず、年齢には叶わないものだな~と納得も出来た。

静香劣化
この画像あんまりだとは思うけど確かに確実に劣化してる?

自身も顔の歪みをキムタクとの共通の趣味のサーフィン
でボードを顔にぶつけ顔面骨折したとか説明したことも
あるらしいが・・・

ウワサでは整形手術を繰り返した結果ではとの、にわかに
は信じられない事もいわれたり、日焼けを気にする女を
嫌うキムタクに合わせサーフィンをやり続けた結果、塩と
紫外線にやられた
など、言われたい放題の静香。

これだけ言われて全く彼女の耳に入らないわけもなく
気にして手を打ったのか2014年の相川七瀬のブログ
ツーショットでの写真は見事復活してる静香。


静香劣化
ネットでも大絶賛だったみたい。

     「これはすごい!頬引っ張り上げたな。」
「工藤静香が持ち直しててワロタwww」
   と、かなりの高評価。
静香劣化
二人ともとっても可愛い~相川さんがおニャン子からの
熱烈静香ファンだったんですって・・素敵なツーショット♡

だけどその1カ月後の堂本兄弟出演持ではまたしても
復活感が足りなかったようで、(しかしファンは良く見てる)

「顔もしわしわだったし全然復活できてなかったよ(笑)」

「目元や首のシワもヤバいね。実年齢より10歳くらい年上に見える…」

またしても超絶辛口コメントが・・・汗




Sponsored Link

工藤静香復活の方法はやっぱり・・・

2015年の8月出演の「ミュージックステーション ウルトラFES」
で、同世代の森高千里と共演。並んで・・・

ご存じ森高千里さんもその変わらないルックスが評判ですが
彼女も不自然に頬がパンパンなどのヒアルロン酸やボトックス
疑惑がこの近年ウワサされてる人。

そのお手入れ万全の森高と並んで言われたのが「ビニール肌」
静香復活
何だかな~自然のまんまでも劣化だ妖怪だとか言われるし、
メンテナンスしたらしたで、「ビニール肌」ってねぇ~

この数カ月前のしわがなくなっていたことからネットでは
またしても復活したビニール肌の静香になったらしい。

ようするに、結局美容整形に頼らず偉いな~と
思ってたのに、いよいよ打ち出しちゃったんだね~
との判断となったらしく、森高と比べ、所詮どちらも
注射頼りに過ぎない!と厳しい結論となった両者

静香復活
あんまり素敵だからもう1枚。てか全然素敵です。

年を取るのって難しいですね・・・汗

だけど選べる時代だし注射くらいのプチ整形で
少しの若返りが出来る時代なら、やっぱり考えちゃう
のは女心としては否定できないし・・・

お金の余裕さえあればむしろやってみたいかも(-.-)

まとめ

工藤静香さんレベルの芸能人ともなれば劣化などと言われて
全く無視することは難しいと思います。最近では一般人でさえ
思い切った美容整形やアンチエイジングに手を出す人が多い世の中
です。妖怪だなんて言われたら一般時でも悲しいですものね。
また元が異次元に綺麗だった人は尚更なのかも・・・
全ての女性の永遠のテーマ老いをテレビやマスコミを通して露出
する誰もが知る芸能人工藤静香の復活に目をそらせる女性は少ない
のでは無いでしょうか・・・




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 川谷アイキャッチー
  2. 長淵アイキャッチー
  3. 宇多田ヒカルアイキャッチー
  4. アイキャッチー川谷
  5. 加藤アイキャッチー
  6. 川谷アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです

最近のコメント