ビーグレン化粧水の保湿力が凄い!完璧乾燥対策でうる肌キープ

この記事は5分で読めます

ビーグレン化粧水

個人的にこの数年間トラブル続きで皮膚科通いで
敏感肌用のコスメかワセリンが中心の最低限のお手入れ
しかできなかった管理人です。

そんな私がようやく長年のお肌のトラブルを回避して
半年間惚れ込んで使用しているのがビーグレンの
シリーズなのです。

中でも化粧品の決め手となるビーグレンの化粧水が
抜群の保湿力で私の敏感肌にも効果てきめん。

トライアルから購入して今では定期購入を半年続けた
私だからこそ言えるビーグレンの化粧水の凄さをご紹介
したいと思います。

ビーグレンの化粧水の保湿力が凄い

かなりの乾燥肌の自負がある管理人の私がこの半年間
使用してその保湿力の高さに満足しているのがこの

ビーグレンのQuSomeローション

です。

8つの肌質や悩みに分けたコンセプトでトライアルが
用意してあるこのビーグレンのシリーズでも化粧水は
薬用化粧水のクレイローションとQuSomeローション
二つだけです。

クレイローションに関してはニキビ肌に対応した
トライアルにセットしてあることから使用したことが
ありませんがQuSomeローションは最初からシワやタルミ
乾燥肌など全ての年齢肌向けのアイテムとしてメインで
攻めのケア化粧水としてビーグレンも奨励している化粧水です。

その保湿力の高さはかなりのモノでメーカーコンセプトの
17時間「とどまり続ける」うるおいで健やかな肌を作る
高機能化粧水とうたい文句にあります。

でもこの17時間の潤いの歌い文句もまんざらでもない
かなりの保湿力がこのビーグレンのQuSomeローション
にはあると実感してます。

優秀なコスメ特有の浸透力と保湿力に適量を浸透
させる事で感じる潤い感。

これらは安価でイケてないコスメには無い潤い感で
浸透力の悪いコスメでは感じられない素肌への吸い付き
感としっかり肌の角質層まで浸透し肌自体が柔らかく
しっとりと潤います。

ビーグレン化粧水QuSomeローションの成分解明

それではビーグレンのQuSomeローションには
どんな成分が使用してあるのか調べてみました。

独自の浸透テクノロジーを持つビーグレンの
化粧水QuSomeローションには4つの美容成分
入っています。

ホメオシールド
角質を整え肌をなめらかにする効果がある成分です。

アッケシソウエキス
健全なバリア機能を構築する。

VCエチル
肌環境を整え健康な肌を育む。

EDP3
肌の活性化を促進して内側から弾力を与える。

これらの厳選した成分が超極小の複合成分として
「QuSome®アクティベートコンプレックス」に凝縮して
角質層に継続的にアプローチ。

ビーグレン独自の処方で肌に17時間留まり続ける
効果を引き出し潤いと確かな弾力を叶え、その後に
使用する美容液やクリームの効果を各段に上げる効果
を相乗効果で引き上げているのです。

ビーグレン化粧水QuSomeローションの浸透力がヤバい

私も現在アラフォーど真ん中で、もともとコスメ好き
だったのもありこれまでありとあらゆる高級コスメは
清水の舞台から飛び降りる覚悟で購入してきました。

中には本当に素晴らしい効果を感じるコスメも当然
あったもののあまりの高額化粧品に継続して購入する
事が厳しいレベルでなかなか継続使用が出来ません。

良い物はありました。

だけどみなさんも知っている某有名化粧水S〇2なんか
化粧水160mlで18360円越えの高級ラインです。

もちろん今では有名になりすぎて色々ディスカウント
で購入する方法はありますがいずれも先ほどの大きさで
15000円前後の価格帯です。

他のコスメでもお気に入りはありましたが
どれも10000万円越えです。

そして当然ビーグレンと同じく1か月1本の
使用ペースで消費します。

そう考えたらビーグレンのQuSomeローション
これらの過去に無理して使用してきた高額化粧水
と何ら謙遜ないレベルの浸透力と超乾燥肌の私には
充分すぎる潤い感を感じられる化粧水なのです。

化粧水が一番たっぷり使用する私としては嬉しい
価格帯の120ml5400円!

最初は正直この120mlと言う量に不安を感じましたが
(私の従来の使用量では少なく感じた)

これが充分すぎる浸透力のおかげで2回程の手のひら
に適量を出して顔にパッティングする状態で充分お肌
に浸透してウルウルのお肌が出来上がるのです。

正直5400円のお値段でこの浸透力はかなり
珍しいかなと思います。

ましてや既に定期購買している私はこの価格から
25%引きの4320円なんです・・・

これもちろんトライアルからが間違いないので
おススメですが結構ヤバいシステムで結局現在
まで定期購買しちゃってます。

美肌の条件は潤いと艶が命

美肌と聞いて思い浮かぶ条件は人それぞれ
違いがあるかもしれません。

理想の美肌は顔やスタイルと同じで好みがあるもの。
チョンジヒョン
超美肌の韓国女優のチョンジヒョンが理想です・・・

でもベースとなる基本の美肌の条件としてどんな肌
にも外せないのが潤いと艶だと思います。

だって潤いたっぷりの艶々のお肌にニキビや肌荒れなど
炎症した状態はあり得ないでしょう?

好みが別れるものの色は白く、キメは細かく、シミや
そばかすの無いたっぷりの水分を含んだような艶のある
こそ美肌の象徴と言っても過言ではありません。

肌の白さは七難隠すとは良く言ったもの。

個人的には万が一自黒でも艶や潤いがしっかりキープ
出来ていれば白いだけで乾いた艶の無い肌よりは絶対
美しく見えるはずだと思うのです。

それ程美肌の条件には潤いと艶が重要です。

そしてその潤いと艶は現代人の私達には幸福にも
自前でなくても努力と適格なコスメ選びによって
叶える事が出来るのが嬉しい事実です。

ビーグレンのQuSomeローションならまさに適格に
お肌を充分に潤してくれる化粧水だとおもいます。

ビーグレンの化粧水なら季節の変わり目もウェルカム

自慢ではありませんが20年来アレルギー皮膚炎との
戦いでこの季節の変わり目や体調の良し悪しでお肌に
湿疹を出して皮膚科に駆け込んで微量と言われながら
ステロイドを15年以上継続して使用してました。

そのせいでステロイドの多用から酒さ様皮膚炎
発症して、1ヶ月間と半月の間耐えに耐えて
脱ステロイドとしてワセリンだけを使用して長年
悩み続けてきた酒さ様皮膚炎を完治させました。

あれだけ長い間少しの刺激でも湿疹が出ていた
私がそれ以降コレと言った湿疹は出ない状態で
今現在に至っています。

そして時を同じくして脱ステロイドが完治して
ほどなくしてタイミング良くしったビーグレンの
トライアルキットなのです。

かれこれ半年以上になりますが、それ以降一切
湿疹などの出ないトラブル知らずです。

ワセリン1本からビーグレンのトライアルを
使用し始めた時の感動は今でも忘れません。

当然季節の変わり目もまったく問題ありません。

どちらかと言うとかなりの乾燥肌でガチでピリ付く状態
の敏感な肌
にもビーグレンはしっとり整えてくれる
作用があるのです。

ビーグレン試すならお得な7日間トライアルキットが絶対おススメ

某有名コスメしか使用したことのなかった
私がここまでビーグレンを気に入って使用
するとは思いませんでした。

まずは私も最初トライアルキットの使用で
『えっ』とすぐにお肌の変化を感じたので
是非トライアルセットを使用してみて。

酒さ様皮膚炎の炎症が収まったワセリン生活
からの初の化粧品だったので最初は、成分が強すぎて
また湿疹が出ないかな~
と心配になったビーグレン。

このトライアルはかなり速攻性が高く初日に直ぐ
その使用感と浸透力に『意外にいいな~』と感じ。

そして2日目の夜にはツルツルになってとにかく
浸透力ある化粧水やその後に使用する美容液の
ぐいぐい吸い込む感じがはっきり分かる使用感
だったので、最初のトライアルが使い切る前に
トライアルキットを大人買いしたくらいです。(笑)

エイジングケアセットと美白ケアセットの二つを
使用して絶対これが切れたら困ると思ったのが
現在の定期購買となったのです。

是非肌年齢に悩んでいる女性には積極的に
おススメしたいビーグレンのトライアルキット。

個人的には肌年齢が気になるアラサーアラフォーには
ビーグレンのエイジングケアセットがお勧めです。

ビーグレンのおすすめしやすい所はトライアルキットが
お買い得でお値打ちな美肌セットなのも当然ですが
何と言っても万が一お肌に合わない時は365日間の
全額返品期間
がある事です。

5ステップの洗顔から化粧水に美容液とクリームまでの
内容通常価格6422円が71%OFF1800円です。

まずはこちらのトライアルから是非お試しください。

凄い効果の違いを感じるとおもいます。

おわりに

アラフォーになって思っていたことはとにかく湿疹やアレルギーさえ出なければいい~そんな諦めにも似た感情でいた私が改めてやっぱり美肌じゃなくっちゃと意識しだしたのがこのビーグレンのトライアルがきっかけでした。
それくらい肌がメキメキ綺麗になったし美肌になれる事がいかに自分にとってモチベーションを高く維持できるかが理解出来たからです。何歳になっても綺麗を諦めない!この美意識も女性には重要なポイントですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 体がだるい
  2. 性病アイキャッチ
  3. ほうれい線
  4. トランスアイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです