トランス脂肪酸とは?危険な理由やその種類身近な食べ物一覧

この記事は4分で読めます

トランスアイキャッチー

欧米化が進む日本の食生活の中でもあらゆる食品が
気軽に手に入る中、戦後の食べられさえすれば何でもいい~
から、いかに健康に身体に良いものに~と健康志向が
もてはやされる中、欧米とは違い日本ではその危険性が
あまり取り上げられないトランス脂肪酸。

これが意外に身近に存在するモノだった事や、危険な理由
そして肝心のトランス脂肪酸とは?や、多く含む食品など
そんお種類の一覧も追ってみよう。




Sponsored Link

トランス脂肪酸って何?

聞いた事はあるのに、それほど危険なイメージ
がなかったこのトランス脂肪酸。

実はもの凄く身体に悪い食品らしいのです。

欧米化が進む日本の食品事情ですが、その米国さえ
このトランス脂肪酸の規制に本格的に乗り出しています。
トランス脂肪酸
出典:http://infomedical.jp/?p=1033

米食品医薬品局(FDA)はトランス脂肪酸を
2018年6月までに食品添加物から全廃を発表。

ではこのトランス脂肪酸とは?

まずは天然のもの人工のものとに分かれます。
天然の植物に含まれるものは、牛肉、羊などの、
乳製品に、含まれる極微量と言われるトランス脂肪酸。

こちらに関しては問題ないのですが、やはり問題は
人工のものでしょう。

人工的に油脂を加工生成する過程で出来るトランス脂肪酸。

植物油を加工する工程ででき植物油に水素を添加して硬化
(固形化)させる事で人工的に作るトランス脂肪酸。

その様が常温で液体植物油に水素添加を加える事で
脂肪の分子構造に変化がおこり油が固まる事から
一時期は「食べるプラスティック」「狂った油」
などと言われ話題となりました。

トランス脂肪酸を含む身近な食べ物

では、そんな私達の身近に存在するトランス脂肪酸は
どんな食品にあるのでしょう。

これが意外にも凄く身近でビックリです。

まずは一番にあがるのが、マーガリン!

ファットスプレットにショートニング、カフェにあるクリーム。
あのコーヒーフレッシュの事です。
これなどは飲むプラステックと言われています。汗

そしてサラダ油。マヨネーズ。菓子パン。冷凍食品全般
から揚げ等、クッキーなども。

トランス
出典:http://bowff.diarynote.jp/201102241247214543/

そして、一度は誰もが食べた事があるだろうマ〇クのポテト
フライもそれに各当する事で有名らしいてす・・・

トランス
出典:http://garagaragara.com/life/care/1339.html

こうして米国とは違い何故か国が許可している添加物だけでも
膨大な数があるというのです。

結局上記にあがった商品を見ても分かると思いますが
直ぐに食べられるもの。(食品)ほど使用されてる可能性
が高くなるようです。

添加物はご存じですよね?
私も今更ながら、分かってはいたけど、現代ではそれらを
完全に避けて通るのは至難の業です。
トランス
出典:http://www.city.gifu.lg.jp/12285.htm

一応復習の為、添加物とは、腐ったりするのを防ぎ、キレイ
な状態をいかに長く保てられるようにするか~
がテーマと
言っても過言ではないモノです。

後、個人的には目が点になった揚げ物などの
油の使いまわし。これ一番ダメらしいです。

毎回の油の使用料や処分の面倒さを考えると
あっという間になくなるサラダ油など、平均して
使いまわしする家庭も、それなりに多いかと思い
ますが、これ一番ダメなんだとか。

ただでさえ人口のサラダ油に揚げ物行為で熱を加える事
により、そのたびにトランス脂肪酸が発生するとの事。




Sponsored Link

トランス脂肪酸が危険な理由が恐ろしい

ここまでで充分その危険度合も理解していただけたと
思いますが、締めに、では何故危険なのか?

具体的に危険と言われてアメリカで全面廃止にいたった
原因を挙げてみましょう。
理由
出典:http://www.em-seikatsu.co.jp/em/power/detail.php?id=38

その危険性はかねてから、アトピーや花粉症、喘息や
成人病にも関係があるとされてますが、アメリカの発表
では心筋梗塞や狭心症のリスクを増加させる事を理由に
全面規制を発表してます。

また、様々な研究からは動脈硬化を引き起こす可能性も
証明されてます。
理由
出典:http://matome.naver.jp/

結構わかりにくいけど、これもダメみたいです・・・

肥満への発生増加と、アレルギー疾患の増加や、妊婦など
の流産、死産まで、そのトランス脂肪酸がもたらす可能性
はもはや無視する事が出来ないレベルの影響がある事が
最新の研究で発表。

これによって、米食品医薬品局(FDA)は13年から廃止
の方向で検討してましたが、結局18年6月には全面的な
販売禁止と決定されたのです。

ちなみに、その研究の一端でケンタッキーフライドチキン
(米国発症)のフライドポテトとマクドナルドのフライド
ポテトを比べた研究で3年放置してケンタッキーが腐敗した
のに対して、マックは腐敗してなかったとの事。

口に入れるモノだと考えたらこれってかなり恐ろしいです。

おわりに

いかがでしたか?この聞いた事あるような、ないようなトランス脂肪酸。
かなり私達の生活全般の身近に存在するモノだからこそ、食生活の安全も
これを知ったからには無視できません。完全では無くてもやっぱり最低限
さけた生活を心がけたいですよね。日本もそのうち規制すると思いますが・・・




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アイキャッチー美白
  2. 菊芋アイキャッチー1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです

最近のコメント