白井健三の実家体操クラブ創設した情熱家の父や兄家族の存在とは

この記事は3分で読めます

白井アイキャッチー1

いよいよリオ五輪までカウントダウン状態
ですね。

あらゆる競技の中で金メダル候補で間違いない
と名が挙がっている体操の白井健三(19)。

今さらながら、彼の最年少記録ともはや世界の
シライとまで言われる彼の強さの根源。

そこにはやっぱり家族の存在が欠かせませんでした。
まだ幼かった彼の才能を見切って、公務員の職で
あった父が起こした現在の実家のクラブ設立から
それを支えた母の存在。

そして間違いなく影響を一番身近で受けてきた
彼の2人の兄の存在。

世界のシライの原点を追ってみましょう。




Sponsored Link

白井健三プロフィール

白井健三(しらい けんぞう)
生年月日 1994年8月24日(19歳)
出身   神奈川県横浜市
身長   162㎝
体重   52㎏
得意種目 床
所属   日本体育大学

白井健三の家族構成


白井勝晃(まさあき)56歳

白井徳美(のりみ)52歳
長男
白井勝太郎(しょうたろう)26歳
次男
白井晃次郎(こうじろう)23歳
三男
健三(けんぞう)19歳
白井家族
両親共に元体操選手の日本体育大学OBで
しかも驚くのがこの三兄弟とも、つまり
家族全員が日本体育大学の体操競技部に所属
しています。

分かっていましたが、5人家族全員体育大って
結構凄い経歴ですよね・・・汗

そんな家族聞いた事ありません・・・

白井健三の実家は体操クラブでどこ?

彼の実家は地元神奈川県横浜市鶴見区下末吉
ある「鶴見ジュニア体操クラブ」を経営されてます。
白井実家
創設は1999年で創設当初は元高校教師であった
勝晃さんは高校体育館を間借りする形でスタート
させます。

その後兄弟の練習場にもなる体操クラブを本格的
に借りて最初の下末吉1号館をスタート。

兄弟の活躍と同時に起動に載って現在では2号館
も2012年10月1日にオープンしています。

詳しくはこちらにホームページのリンクを
張っておきます。
http://www17.plala.or.jp/tsurumi-jr-gym/
かなりご立派な体操クラブです。





Sponsored Link

白井健三の父は体操クラブ創設した情熱家

でも考えて下さい、父の勝晃さんは、日体大卒業後は
鶴見大付属校の指導者だったのですよ。

高校教師の体操監督としてしっかりと実力も認められ
実績を作ってきた勝晃氏が、安定した教師の職を蹴り、
しかも借金を負っての、体操クラブ設立。
白井父
よくよく考えたらあり得ない行動力ですよね。
これは以前テレビで見ましたが、1999年と言えば
今からさかのぼり17年前です。

今年の8月に二十歳になる健三氏は確か3歳位
だったはず。

彼が体操を上の兄の見よう見真似で体操を
始めたのも3歳からだそうです。

始めるや否や物凄いい勢いで兄弟に負けず
追いつきたいの一心とかなりの負けず嫌いで
急成長する健三氏。

それを目の当たりにして体操一筋で自身も
競技者として、教育者としても生きてきた
父勝亮氏が尋常でない息子の成長と才能に
奮起して事業を起こしたといいます。
白井家族
当初、設立したはいいが体操クラブもかなりの
銀行からの借り入れに、予想入所者ギリギリの
状態で常に経営は火の車だったらしいです。

幼い子供3人を抱えて支払いと経営のやりくりに
母徳美さんは、いつ新聞配達のバイトを始めても
可笑しくない位しんどかったと言ってました。

これだと思ったら思い切る情熱家の父に
ついていくのが必死だったとも・・・

だけど、この父の決断があったからこそ
最高の環境で思い切り好きなだけ、体操という
未知なる世界に子供の素直な目線で好奇心を
持てた事が大きく影響したことは間違いないで
しょう。

教師から何の保証も無い体操クラブ設立です。
本当に人生を賭けた決断だったと思います。

白井健三にとっての兄の存在

そんな両親の元と、そして肝心な兄の存在
も小さい末っ子の健三氏には常に身近な
存在として目の前の大きな目標として存在
してました。

長男の勝太郎氏は健三氏の6歳年上。
現在内村亮平氏が所属するコナミスポーツ
で体操競技部で活躍しています

白井兄
その実力もかなりの物で全日本体操種目別選手権
では床4位。あん馬6位の成績の持ち主です。

そして今年日体大を卒業したばかりの次男晃次郎
氏は健三氏より3歳年上です。

彼も白井健三の兄と言う重いプレッシャーの中
苦しんで苦しんで、それでも体操が好きで現役を
続ける事を決意して現在も取り組んでいます。
白井兄
この三兄弟がこれまでに掴んだメダルが自宅に
600個。

17年前にきっと誰よりも早くその才能を見極めた
両親の企業と、それを支えた母。

そして家業となったクラブで遊びながら兄弟に
追いつけ追い越せで体操にハマっていった兄弟。

家族の存在抜きにして現在の白井健三はあり得な
かったのではないでしょうか?

もちろんその恵まれた環境だけに負けない彼の
ハンパでない努力も、この全ての要素が重なって
世界のシライが誕生したのです。

これはまだほんの始まりです、だって彼はまだ本の
19歳なんですから~

関連記事
白井健三また新技申請の絶好調も村上茉愛とは結婚もあり得る?
内村航平と嫁の結婚は略奪婚だった。母周子が嫌う理由が驚愕!
内村航平はタバコも吸う偏食家で有名。筋肉美と年収はどの位?
田中佑典の彼女や性格は?イケメンから劣化の噂に兄弟の今は?
加藤凌平彼女も女遊びもするけどリオ代表決定のやる時はやる男証明

おわりに

素晴らしい家族や兄弟の存在があって、彼のハンパじゃない
努力と涙の結晶がリオ五輪の大舞台で試されます。
今から世界を驚愕させる新しいシライがまたみられると思うと
やっぱり五輪はワクワクしますね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 吉田沙保里アイキャッチー
  2. 整形
  3. 原沢久喜アイキャッチー
  4. 栄和人アイキャッチー
  5. 田児アイキャッチー
  6. 田中佑典アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

管理人 さゆりです

最近のコメント