イボミ彼無し結婚無しで母国の妬みを凌駕する賞金女王3年目なる?

この記事は4分で読めます

イボミアイキャッチー

年々上手くなる日本語と人柄で愛嬌ある人柄で人気の
韓国人女子ゴルファーと言えば2年連続の賞金女王の
絶好調ぶりで女子ゴルフ界に君臨するイボミ(28)。

彼女のこの活躍ぶりは圧倒的な実力はもちろんだが
気になるのは、そのプライベートの彼氏や結婚だ。

母国韓国からは売国奴扱いで妬まれる彼女の賞金女王を
かけた3連覇を追ってみよう。




Sponsored Link

イボミに彼氏は居ない!

日本を主戦に戦い始めて丸6年の韓国人のイボミが
去年までで2年連続の賞金女王に輝くと言う圧巻の
強さを見せる中、過去には20代後半で結婚したいと
言った彼女。

可愛くて愛嬌もある事で『ボミちゃん』の愛称でも
人気の彼女に去年末のインタビューでは彼氏の存在は
キッパリ否定したようだ。

  『彼氏は居ません』

ここなでキッパリ言い切るからにはアイドルでもあるまい
確実に居ないのは間違いないだろう。

イボミ結婚もお預けの真意

では数年前には20代後半までに結婚したい。
の結婚願望は?

本業のゴルフが絶好調のイボミ。

結婚願望年齢は一端繰り上げ?した様子。
この近年は30代前半で出来たらいいな~に変化した
ようだ。
彼氏
出典:http://supohapi.com/athletezukan/100/

2年連続賞金王と言え、その獲得賞金の多さは過去
男子ゴルファーを入れても日本では断トツのトップに
入る獲得賞金を稼ぐイボミ。

この油の乗り切った時にイケるとこまで行こうやないか~
って感じの様子・・・

抜群の安定感と勝負強さは他の選手を寄せ付けない強さ
での活躍ぶり、今年は3連覇を賭けて恋愛や結婚は、もっと
キャリアとスペックをフルスロットルにしてからでいいや~

こんな感じではないかな~と勝手に予測しますが
あながち外れでもないでしょう。笑

だって荒けない、ボミちゃんの荒稼ぎは
そんじょそこらの出稼ぎとは訳も桁も違うんだもん・・・

イボミ母国の売国奴扱い並みは国民性ゆえ?

2016年の獲得賞金が、2億2581万円余りと言われる
彼女は2011年からのトータル賞金を合わせると楽勝の
5億越え。
結婚
出典:http://www.excite.co.jp/News/golf/20160626/ALBA_44117.html
キャディーの清水さんとの相性もバッチリ!

これ獲得賞金の合計で、その他にも当然スポンサー契約
5社との契約金と、そこから優勝するたびに発生するであろう
ボーナスなどを合わせると一プロゴルファーとしては脅威の
年棒を稼ぎ出しているボミ嬢。

そして人気者故の写真集発売です・・・
公認ファンクラブ員が2000人と言うからアッパレの人気者。

可愛くて愛嬌あるボミ嬢は需要ありまくりなんです。
結婚
出典:http://phycological3.rssing.com/chan-1655214/all_p41.html

そんな日本を主戦場に八面六臂の大活躍をする彼女を
母国では自慢に思う所か、全く良くない取られ方?
をしているらしい・・・

これは失礼ながら国民性のような気がかなり大きい
割合を占めている気がするが、韓国ではかなりネガティブ
に捉えられていて、

「“国を捨て、日本に魂を売ったのか”」と、まるで売国奴
扱いの言い方で報じられる事もあると言う。

それは彼女の出身 京畿道水原市のかなり田舎街で
道路も舗装されてない環境出身という事にも大きく
関係があると言う。

貧しい出身から努力して成り上がった人間は認めない
のだろうか?

何が悪いのかさっぱり理解出来ないが、簡単に言えば
そんな道徳観だけでは語れない、敵対国日本で活躍して
大金を稼いでいる。これこそが韓国人には許されない事
なのかもしれません。

親日家を受け入れない国民性は今も継続中と言う事でしょうか・・・
残念なお知らせを聞いた気分ですね。汗




Sponsored Link

イボミ賞金女王3年目連続を目指して~

既にトップゴルファーとして、技術意外にも相当高いレベルの
メンタルも求められるボミ嬢には、これだけの実力と成績を持つ
だけに既に「勝って当たり前」とみられるプレッシャーからの
ストレスも半端ではないハズ。

そんな中に置いても彼女が目指すのは、やはり、さらなる高みを
目指すべく、平均ストローク69台や海外メジャーでの優勝も
活躍も視野に入れ目標と具現化していくと言う。

既に日本で通算20勝をマーク、韓国ツアーの永久シードが
取れたボミ嬢は、どうなっても現役を続けられる権利も手にした。

だが主戦場はやっぱり日本メインで日本ツアー。

そう考えると、どう考えても3年連続賞金女王の可能性も
一番可能性の高い選手なのは明らか。

今の勢いあるボミ嬢を止められる選手が日本人に居ないのが
気にはなるものの、今年もボミ嬢の快進撃はまだまだ止まらない。

おわりに

片言に日本語からファンサービス満点のボミ嬢のコメントには余裕すら感じる日本語の上達も見て取れる。
それゆえアイドル並みの人気で活躍するボミ嬢の好循環ぶりから益々目が離せませんね。勝負強い女イボミの
2017年に3年連続賞金王獲得なら前人未踏の世界ですからね・・・




Sponsored Link



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • 関連記事

    1. 宮里藍アイキャッチー
    2. 古賀美保アイキャッチー
    3. 尾崎健夫アイキャッチー
    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    管理人 さゆりです