澤穂希ラストゲームで決勝ゴール!レジェント引退の花道の今後は!

この記事は3分で読めます

澤穂希アイキャッチー

つい先日電撃引退を発表したばかりの
澤穂希選手が自身現役最後となる試合
で12月27日の2年ぶり5度目の皇后杯制覇
で決勝ゴールを決めた。

さすがレジェンド持ってる澤は終わり方も
見事な引き際でさすがの一言だ。

改めて彼女の今までの経歴を振り返って
も凄すぎるとしか言いようがない。

その女子サッカー界のレジェントの引退後
もきになる所だ。今回の鮮烈な引退試合と
彼女の引退後まで追ってみましょう。
Sponsored Link



澤穂希ラストゲームで決勝ゴール!

2015年12月27日女子サッカーの頂点を決める
と言われる試合につい10日前に電撃引退発表を
した澤穂希が出場した。

由緒ある大会で澤自身2年ぶりの出場になる
『第37回皇后杯 全日本女子サッカー選手権大会』
の決勝戦だ。

場所は神奈川・等々力陸上競技場で行われ
アルビレックス新潟レディースとINAC神戸
レオネッサが対戦。

初優勝を目指す新潟はその2年前を含めた
過去2回の決勝戦でいずれも神戸に敗退。

対する神戸は澤穂希にとってラストの引退試合だ。

2年ぶり5度目の大会制覇を狙う。
23日の準決勝にフル出場した澤は決勝の
舞台でも先発に名を連ねた。

最初のチャンスは神戸。6分、ピッチ中央で
ボールを持った澤がDFラインの裏に浮き球の
スルーパスを送ると、抜け出した中島依美が
シュートまで持ち込んだが、ここはDFのブロックに
阻まれてしまった。

対する新潟は24分、右サイドの左山桃子が右足で
上げたクロスにエリア内の小島美玖がヘディングで
合わせたが、シュートはGKの正面に飛んだ。

44分には神戸に決定機が訪れる。
右サイドから攻め上がると、川澄奈穂美が左足で低い
弾道のクロスを供給し、ゴール前に走り込んだ中島が
右足ハーフボレーで狙う。しかしGK福村香奈絵が好セーブで
阻むと、こぼれ球に反応した中島が押し込む前にDFが
身体を張ってクリアした。

試合はスコアレスのまま前半を折り返す。

後半に入り49分、神戸は左CKを得るとニアサイドに
走り込んだ澤がヘディングシュートを放ったが、
ここは枠を捉えることができなかった。

同チームにシュートチャンスがなかなか出来ず
お互い選手交代。

神戸は69分、高瀬愛実に代えて増矢理花を投入。
新潟は70分に山崎円美を下げて渡辺彩香をピッチへ送り出した。

すると78分に試合が動く。右CKを得た神戸はキッカーの
川澄が蹴ったクロスに中央の澤がヘディングで合わせ
シュートをゴール右隅に決めた。

澤ラストゲーム

試合は澤のゴールが決勝点となり1-0で終了。
神戸が2年ぶり5度目の皇后杯初制覇を成し遂げた。

【スコア】
アルビレックス新潟レディース 0-1 INAC神戸レオネッサ

【得点者】
0-1 78分 澤穂希(INAC神戸レオネッサ)
               yahoo引用

さすが持ってる女レジェンドの名にふさわしい
最後の決勝ゴールだったようだ。




Sponsored Link

澤穂希引退後の今後は?

この今月12月17日の引退発表した澤穂希だが
その引退後にも当然衆目が集まっている。

以前の『FIFA.com』のインタビューでは
参戦中のW杯中心ながわも話題は引退後の
キャリアについても及んだが、その席で
彼女はW杯については今期が最後になると。

期待されていた2016年夏おリオデジャネイロ
五輪に関しても当時2015年6月23日時点では

「心と体が可能な限り、サッカーを続けていきたい。
もちろん、来年のオリンピックでもプレーしてみたい」

と語っていた澤選手だが、今回の引退で敵わぬ夢と
なってしまったが、引退後について監督業も視野に
あるかと聞かれた彼女は

「全く興味がない」ときっぱり。
「サッカーには関わっていきたい。2020年の
東京五輪にも何らかの形で関わりたい」
と語っている。

この言葉からもここまで間違い無く女子サッカー界を
ここまで牽引してきた彼女なのでサッカー界からオファー
はあっても実現はしそうではないかもしれない。

だた彼女自身が言うように今までの経歴やキャリアを
考えたらいかなようでも、彼女の需要があることは間違い
無いだろう。

引退は寂しいが今後また別のステージで活躍していく人
だろうから。

まとめ

澤穂希がラストゲームになる「第37回皇后杯 全日本女子サッカー選手権大会」
でヘディングで決勝点を決め勝利する。
澤穂希は引退後は監督は「全く興味ない」らしいが彼女のキャリアを
考えたら活躍ぼ場が多岐にわたりあるだろうと予想できる。

澤穂希選手本当にお疲れ様でした。これからは別に
ステージでの活躍に注目ですね。まだまだ澤穂希という
人から目が離せませんね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 金崎アイキャッチー
  2. 高徳アイキャッチー
  3. 柿谷アイキャッチー
  4. 岡崎アイキャッチー
  5. ワンバックアイキャッチー
  6. 小林アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです

最近のコメント