白鵬また変化!千秋楽横綱対戦でもゲス相撲で館内大ブーイング!

この記事は3分で読めます

白鵬アイキャッチー

春場所の千秋楽が先ほど終わった。
ふたを開けてみれば綱取りの期待がかかった
大関琴奨菊も全くの見せ場無し。

同じく大関稀勢の里も12日目の横綱対戦で
あっけなく白鵬の気迫負けで千秋楽を2敗で
1敗の横綱白鵬を追う形となった。

それでも盤石の強さを見せた横綱白鵬が36回目の
優勝を決めるのか?と思われた27日の千秋楽。

正直ガックリした横綱の品格やダメ押しが注目を
浴びる中、それでも他を寄せ付けない相撲には
やっぱり今場所も白鵬か?と思わざる得ない気迫があった。

だが最後に白鵬が見せた取り組みはまたしても
横綱相手に変化の一手。

このゲスな相撲に場内は騒然。
勝てさえすればなんでもいいのか?
全く見どころの無いこのショボい横綱相撲こそ
この現在の相撲界の闇を見た気がした。

今風でいうなら相当のゲス相撲を追ってみる。
Sponsored Link



白鵬またしても千秋楽の横綱対戦で変化で優勝決める

春場所の15日目大相撲千秋楽を横綱白鵬が優勝を決める。

最後の27日の対戦相手は千秋楽にふさわしい横綱
対戦の日馬富士対白鵬だ。

だが結果はものの数秒。
またしても変化で横綱日馬富士に勝ち14勝1敗で優勝
を決めた。

立ち合いから一瞬日馬富士の突進を丸きり除ける
形での変化で、勢いよく飛び出した日馬富士は
土俵外に飛び出した形で土俵を割った。
白鵬千秋楽
場内は当然の大ブーイング。

NHKで解説をする常連の元横綱北の富士勝昭さんも
「変化はやめてほしいね。昔はこんなことなかったと思うよ」
と、提言。続けて「これだけの横綱だから、あそこは受けて勝負してやったらね…」
   「昔はこんなこと無かったと思うよ」

館内からも相当のヤジが飛んだようだ。
    「卑怯や」の声多数で
レポートする舞の海秀平氏も、いつもの千秋楽よりも
お客の引き上げが早いことを指摘した後で、

「放送では言えないですけど、ものすごい厳しい声が飛んでましたよ」と、館内の異様な状況を語っている。

この勝負で史上最多を更新する4場所ぶり36度目の優勝を果たす
こととなった。





Sponsored Link

白鵬にもや品格は関係ない!優勝してもゲス相撲過ぎ

今場所では20日の8日目に何度も注意されながらも
一行に収まらない横綱白鵬のダメ出しで関脇嘉風
を立ち合いから激しく顔面を張り手。

最後は明らかに土俵を割った嘉風の右足を持ち挙げての
土俵下へ投げつける行為で、身体を支え切れなかった
嘉風は激しく土俵際に落下。
白鵬ダメ出し

土俵下にいた井筒親方にまともにぶつかり
左足太もも骨折。全治3カ月の大怪我を負った。

この取り組みもリアルタイムで見ていたがもはや
格闘技状態だ。
白鵬変化
相手によってはこんな事も日常茶飯事の横綱。これはイジメか?

ここ最近の白鵬は相手にもよるが、明らかに格下の
相手には、変化やダメ出しが酷い。

立ち合いで運よく変化でない場合は取り組み開始
から物凄い勢いの張り手に肘を使ってのかちあげ。

まともに食らって脳震盪になる力士もいるくらいだ。

それでも相撲のルールにのっとってと言われたら
そでまでだ。

今日の取り組みも、変化は相撲ではルールの
一つ。

だけど千秋楽を迎えた大相撲の横綱対決だ。
腐っても横綱の意地があればどうしてあんな
ゲスな相撲が取れようか。
白鵬奇行
この奇行ギリギリの横綱を誰も止められないのか・・・

今場所は綱取りのかかっていた大関琴奨菊も
9日目に大関対戦の稀勢の里にまさかの変化。

ガチンコ相撲が期待されただけにここ一番での
この変化にも場内騒然。

しかも後が無い状態の11日目の大関照の富士にも
まさかの注文相撲で4敗目。

今場所カド番だった照の富士も必死だったにしろだ。

こう見てみると上位の大関や横綱の変化や注文相撲
の多い事。

だけど今日の取り組みは本当に残念だ。
横綱の品格とかそうゆうの抜きにしても
かなり寒い内容だ。

果たしてそれでも、こんな横綱が優勝してしまう
のが現在の大相撲の闇なのかもしれない。
白鵬ゲス相撲
一応最後の優勝インタビューでは釈然としない
状況の中白鵬本人は涙ながらに、
「8カ月の長い間、優勝から遠ざかってましたので…」

「2日目からいい相撲ではありましたけど、千秋楽
ああいう展開で決まると思わなかったんで、申し訳なく思います」

と謝罪。

てかわざとだろ!わざとにしか見えなかったわ。汗

白鵬の前の大関対戦で豪栄道に勝ち越してた稀勢の里
との優勝決定戦見たかったわ。

そうゆう本気のガチンコ相撲よりもあえての
36回目優勝の確実を変化で持って決めた横綱白鵬。

まんじりともせずにテレビに張り付いてみてた
相撲ファンからしたら、あれはワザと。

こんな寒いやり取りをしても彼が横綱だという事に
相撲界の闇を感じざるを得ない。とういうのが本音。

全く見どころない相撲でちっともおもろないゎ・・・

まとめ

横綱白鵬最後の千秋楽も変化で優勝決定する。
36回目優勝の4場所ぶりの優勝で本人だけは感
極まって涙ぐんでたみたい。
情けない・・・日本人力士でも何人でもいい。誰か
気合いのガチンコ相撲取って気合い注入出来る力士
大募集って感じ。相撲面白くなくなってまう。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 八角アイキャッチー
  2. 琴奨菊アイキャッチー
  3. 貴乃花
  4. 琴奨菊アイキャッチー
  5. 正代アイキャッチー2
  6. 白鵬アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです