ベッキーが文春手紙全文内容は川谷着信拒否で復帰のメドはいつ?

この記事は3分で読めます

ベッキーアイキャッチー

ついに今年初めのゲス極の川谷絵音との不倫行為
で休業中のタレントベッキーが動き出した。

年明けの謝罪会見の嘘の内容からの激しい世間の
バッシングに既に3カ月を過ぎても復帰のメドが
たたない状態のベッキー。

その彼女がどうゆうわけか、不倫行為をすっぱ抜いた
週刊文春にあてて直筆の手紙を出した事が話題となって
いる。

既に4月27日に発売された文春の内容全文にはあの川谷
との交際や現在の状況まで語っている。

手紙の全容とベッキーの復帰のメドはついたのか?を
追ってみよう。
Sponsored Link



ベッキー文春に直筆手紙を出す

マメ筆で有名なベッキーのおの文春にあてた
手紙の枚数は直筆で5枚。
ベッキー手紙
彼女が伝えたかった事。
既に川谷の奥さんにあてた手紙を出してはいるものの
受け取りを拒否されている状態だというベッキー。
受け取るくらい受け取ってあげてもいいのに~とも
思うけど・・・

まぁとにかくベッキーの手紙はこうです。

川谷の奥様への気持ち

ベッキー手紙

とにかくお会いしてお詫びの気持ちをお伝えしたいです。
私の事務所を通して謝罪の場を設けて欲しい事をお伝え
してますが、まだ叶っておりません。
先方からは川谷さんを交えてならとのお話もありましたが
川谷さんとはもう関係がないので奥様と一対一でお会いして
謝罪させていただきたいと考えていました。

謝罪会見はしたくなかった。

ベッキー手紙

1月6日の謝罪会見については、私は気持ちの整理がつかないまま
会見の場に立ちました。
離婚が成立するまでは友達のままえいようと言う約束があったので
「友人関係である」との言葉を選んでしまいました。
しかし、私の行動を考えると恋愛関係だったと答えるべきでした。
質疑応答がなかったことも含め、皆さまに納得していただけなかった
のも仕方無い事だと思っています。
当時の私は好きという気持ちが大きく、周りも見えず本当に愚かでした。
会見で文春さんの報道を否定するような言動を取ってしまい本当に
申し訳ありませんでした。

ベッキー川谷との交際に決別語る

奥さんの告白「彼女はスポンサーやファンに謝罪はしても私に対して
謝罪がない事に驚いた」
をきいてからは川谷絵音との連絡を
一切絶ったと言ってます。

携帯は着信拒否にしたんだそうです。
本当かな・・・
その川谷さんに対しては

ベッキー文春

川谷さんとの関係についてはもう連絡を取っておりません。
出会って好きになった後に奥さんが見える事を知りました。
そこで気持ちを止めるべきでした。
川谷さんへの気持ちはもうありません。
文春さんで初めて奥さんが話された記事を読み、そこで初めて
奥様の気持ちを知り、自分の気持ちの整理が付きました。
私が取った軽率な行動は、謝って済まされる事ではありませんが
せめて奥様の前で頭を下げてお詫びをさせていただければと思って
おります。





Sponsored Link

ベッキー復帰のメドはいつ?

このベッキーの文春直筆手紙の報道が流れてから世間
をにぎわせて今だ休業中という痛手のベッキーに対して
芸能界からも賛否両論の声が・・・
ベッキー復帰
この文春への手紙を復帰への伏線にしようとしてないか?
とか、朝やお昼の情報番組ではもっぱらこの話題で持ち切り。

そんな中でもオリラジの中田あっちゃんの言葉には個人的に
かなりビックリしました。

あちゃんマジ怖いし、どんだけ自分正しいわけ?
中田敦彦ベッキー徹底攻撃が怖い。サイコパスな性格やエピソード!

正直酷いなと・・・汗
彼女の最初の会見は確かにその後のLINE流失の内容から
考えても褒められた内容ではないと思う。

早ければ来月に復帰するのでは?と言われるベッキー。
もう充分反省したんだから、早く元気な姿見せて欲しいな。
これキリがないし、もう終わった事なんだしね。

おわりに

だけど、そんなに酷い事したのかな~ってつくづく。
誰もが教科書に載った道徳通りに生きられたら素敵
だとは思うけど、そんなわけはないはず。
そう考えたら、彼女の現在の状況見て、いつまでも
これで復帰する気か?とかそんな見方事体ナンセンス。
私はタレントのヒロミさんが言うように彼女さえその気
ならいつでも復帰したらいいのでは~と思います。
早いほうがいいかも。これ以上自粛は意味がないと思います。
私は応援してます。この逆境に負けて欲しくないですね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 磯野貴理子アイキャッチー
  2. エミリアイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです