佐々木健介過去人殺し噂の裏の顔や性格と現在のギャップが怖過ぎる

この記事は4分で読めます

佐々木アイキャッチー

元プロレスラー同士のおしどり夫婦と言ったら
現在乳がん治療中の北斗晶さんと佐々木健介(48)夫妻。

現在もがん治療の妻北斗さんに代わってテレビでにこやかな
スマイルが印象的な佐々木健介氏。

だがそれはテレビ用のまさに営業スマイルの姿で、彼の
過去の噂や悪評があまりにもシャレにならないウワサが
多く現在おギャップの大きさに驚いた。

火の無いところに煙は立たないという昔からのことわざが
あるように全てが本当でないにしても事の真相を彼の
生い立ちと合わせて追ってみよう。





Sponsored Link

佐々木健介の噂の悪評

テレビで見るあの穏やかな笑顔とは裏腹でなかなかの
悪評がある健介氏。

嫁の北斗晶さんの戦略が功を際して、「鬼嫁の尻に敷かれる
優しい旦那」
のイメージはあくまでイメージだったようだ。

かなりショックです。汗
元プロレスラーの彼は、それは業界ではかなりの悪評で
その原因が壮絶なシゴキとカワイガリにあると言うのです。
佐々木シゴキ

『シゴキ』とは名ばかりのイジメは相当だったらしく
過去に師弟関係だった西川潤さんは、あのあまりの
シゴキの酷さに自身のブログで佐々木氏の暴力行為
を告発しています。

その中でも2011年2月の出来事に関しては、

佐々木シゴキ

SKは周りをキョロキョロ見渡し、人がいないのを確認すると、思いっきり殴りかかってきました。
髪を鷲掴みにされ、コンクリートの壁に頭を打ち付けられました。
頭が一瞬真っ白になり倒れると「立てコラッ!」と言われ立ち上がりました。
今度は頬を3発張り手、腹に蹴りを1発入れられ、襟元を掴まれ色々怒鳴り散らされ終わりました。

             laughy引用

陰湿ですね・・・汗

その他にも佐々木さんの被害者は新日本プロレスの中には
沢山いて中でも真壁選手や安田忠夫選手、菊田早苗選手なども
雑誌で堂々「佐々木健介だけは許さん」と公言してるんだとか・・・

ただこの西川氏のブログも嫁の北斗さんの健介バックUP
効果で現在は既に削除されてしまったらしいですが・・・

このような悪評がとても多くて、全てが本当ではないに
してもやはり人の心情を考えると、火の無いところに煙は
絶たない~と言うのが定説ではないでしょうか。

佐々木健介の過去人殺し疑惑とは?

この人殺しの疑惑の根源が日本にプロレス留学経験のある
クリス・ベノワーの伝記「RING OF HELL」
発売によって明らかになったのが理由のようだ。

この中での一文にハッキリとした個人名までは入ってなかった
らしいがその内容からして明らかに佐々木健介氏本人だと思える
ような書き方でしるしてあったという。
佐々木殺人
それが1995年1月に練習生であった権瓶広光さん(22)が脳挫傷で
病院に運ばれて4日後に亡くなった一件を殺人事件だったとしたものだ。

その内容には「あれは殺人事件だった。危険なスープレックス(投げ技)
を何度も繰り返し、危険な角度で頭から落としていた」

もともとシゴキが酷い事で有名な健介氏のその場での権瓶さんに
対する怒りの爆発のさせようは尋常ではない怒りようで、アマチュア
レスリング部出身でありながら、上手く対応できなかった彼に対して
何度も執拗に繰り返される投げ技で彼が亡くなったのだ。と・・・・

佐々木殺人

相撲界でも何度も問題になった行き過ぎたかわいがりや、執拗な
シゴキ、これらが致命傷となってその練習の場のコーチであった
佐々木氏の責任であると。その解釈で本が発売されたのだ。

これだけ見たら、相当問題だろう。
そして権瓶さんが亡くなった日に長州力さんが
「お前らとんでもないことしちまったな。わかるかコラ!
やった意味が分かるのかコラ!」
と怒鳴っていたという証言も
しっかり残っています。

ワザととは思いたくありませんが、過去の悪評などと
併せて、人殺しや殺人などと、陰口を叩く業界の人間も
少なからずいたのかもしれませんね。

ちなみに今回この殺人キーワードについて沢山情報が
あった中の一つにこんな一文があり少しほっとしました。

このクリス・ベノワー氏は妻子を殺害して最後は自身も
自殺したそうですが、彼の自殺した翌年に別人が書いた
本なんだそうです。一応裏付けはないようです。当然ですが・・・

今や有名人になった彼をひがんでの誹謗中傷で
ちょっとしたことを大きく脚色して本にするだなんて
事は大にしてあり得る事です。

佐々木氏の名誉の為にも・・・・





Sponsored Link

佐々木健介の生い立ち

このような彼の裏の顔には、一説にはやはり壮絶な
生い立ちも関係あるようです。

福士県出身の彼は、金融業を営んだ父健吉さんと
母、光子さんとの間に誕生しました。

だがその父健吉さんは、まさしく思う通りにならない事が
あると、子供に当たり散らして暴力を振るう父だったと言います。

佐々木生い立ち
良く家を追い出された健介氏をかばってくれて
ご飯などの面倒もよく見てくれた近所の雑貨店の
吉田のおじさんを、テレビ局で探してもらったくらいです。

結局亡くなっていましたが・・・

この環境で育った子供に良い影響があるわけがなく
彼の、今回調べた悪評や師弟関係にあった西川氏からの
告発や執拗なイジメにも近かったという「シゴキ」なども
原因となったのかもしれません。
佐々木生い立ち
今テレビで見る健介氏とのギャップに驚きますが
誰でもそんな隠された闇があるのかもしれません。

結局北斗さんと結婚するまでも、この実の父からの
虐待と、最後は自殺してしまった父の事をなかなか
告白出来なかったと言ってますので、やはり健介氏
にとってもかなりのトラウマであり闇であるのは
間違いない過去でしょう。

実の父から受ける言われなき虐待はとても大きな
傷として残ってるはずです。

おわりに

佐々木健介氏の今のテレビで見るニコニコした笑顔。これもまた彼の一面なんだと
思いたいですね。酷いシゴキもしたことあったにしても、人間には色んな一面が
あるものです。聖人君子なんて人はそうそういるものではありません。自分も含めて
どこかしら、人には言えない闇の部分だってある。決して良い評判ではなかったけど
今の佐々木氏もまた彼の一面だと思いこれからも応援したいですね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 東尾アイキャッチー
  2. アイキャッチー整形劣化
  3. お11
  4. えすみ4
  5. 坂口杏里アイキャッチー
  6. ゲイ疑惑アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです