武井壮兄情は癌。一家離散の生い立ち後の高級車と金持がヤバい

この記事は3分で読めます

武井壮アイキャッチー

百獣の王で売り出しアスリートでもあるタレントの
武井壮さんの生い立ちが壮絶過ぎます。

言うか言わないかだけで家庭環境は人それぞれ。
そうはいいつつもこれほどの生い立ちと実の兄情との
悲しい別れ、これらの悲しみと壮絶人生を乗り越えた
武井壮の今がヤバすぎます。

現在の高級車所有の彼の金持ちぶりは、成功者そのもの~
を追ってみましょう。




Sponsored Link

武井壮の生い立ちが泣ける

東京都葛飾区生まれの彼は元々両親と兄の4人家族でした。

ですが、かなり幼少の事に両親が離婚。
母親が幼い兄弟を置いて家を出る形で生き別れ状態と
なっています。

武井生い立ち
その後当然父親に育てられたのか?と思いきや、その状態の
兄弟を置いて父までも失踪・・・

何と幼い兄弟を置いた形で父親は他に家庭を作ってしまった
らしいのです。

この信じられない事態にアゴが外れますが、百十の王はそんな
両親でも憎むどころが感謝の言葉でフェイスブックに投稿して
います。

武井壮生い立ち
現在も父とは連絡が取れる状態のようですが、母親とは
幼い頃に分かれたままで、どこで何をしているのか、現在も
元気で生きているのかも分からない状態のようです。

悲しいですね。この時代に安否の確認も出来ないなんて・・・

武井壮の兄情は癌だった

この厳しく、家庭環境に恵まれない中唯一の拠り所として
2歳年上の兄である情さんとは、切磋琢磨して生きてきた
武井壮。

だが、そんな兄弟にまたしても試練が襲い掛かります。
兄の情さんはあの、子役タレントから現在も活躍される
坂上忍の付き人を俳優を目指すかたわら行っていたのです。
兄情

壮絶な家庭環境下で育った兄もまた、淋しさゆえ
「人に認められたい、褒められたい、喜ばせたい」

この欲求から俳優を目指して俳優養成所に入所して
俳優を目指した若干23歳でガンで倒れてしまうのです。

23歳で体調の変化から病院に駆け付けた時にはもう
既に末期のガンでした。
兄情
若干24歳。武井壮のたった一人の心の拠り所であった
兄情は他界します。

武井壮がヨーロッパ遠征で優勝して帰国した1週間後に
その姿を見て亡くなったといいます。




Sponsored Link

武井壮の高級車所有と成功者ぶりが凄すぎ

これほどの壮絶な生い立ちや、不幸に見舞われながらも
兄が憧れた芸能界で兄のぶんまでもと、さらなる高みを
目指した武井壮。

武井壮車
現在レギュラー6本かかえる売れっ子の彼は芸能事務所に
属さない個人活動
を行っているらしく(岡本夏生もそうらしい)
その分当然マージンを引かれない事からかなりの高所得との
噂です。

その収入も億は下らないと言うから破格の高収入ですよね。
それが証拠に一喝現金払いで車が何とマクラーレンの
6000万円をローン無しで購入。

武井車
これは凄い・・・てか実物見た事ないです。汗

その睡眠時間もほとんど寝ない事で有名な彼ですが
マンションもちゃっかり税金対策に1カ月の家賃76万円
コンシェルジュ付きの港区の高級マンションです。

凄いサクセスストーリの逆転劇に思えますが、何にも
逆転でもないんですよね・・・

これまでの経歴アスリート十種競技での過去優勝歴だけ
では無く、彼は勉学のほうでも学年トップだったと言います。

ついつい彼のテレビでの露出の仕方が肉体派(百十の王)
アピールが強すぎて、そっちに目が向きませんでしたが
実際は学年トップの成績の良さで、その1~2を争った
当時の同級生が現役の医者になっている事を、最近テレビで
見て唖然としたばかりです。

だって現役の医者とトップを争ったと聞いたら、だいたい
想像つきますよね・・・汗

当然現在のスタイルでテレビ局の営業やギャラ交渉など
賢い彼なら、自信のタレントの表と裏の管理が出来て
当然なのかもしれませんね。

おわりに

しかし、色んな境遇の家庭や生い立ちがあるとはいえ、武井壮
さんの生い立ちは現在の日本人ではかなりの少数派です。
親は選べません。あの境遇でも自分をこの世に誕生させてくれた
両親に感謝出来る武井壮。カッコ良すぎます。
これからも前半の生い立ちに帳尻合わせるべく力強く彼の人生を
切り開いていって欲しいですね。自分に置き当てながら応援したいと
思います。ますます武井壮から目が離せません。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アイキャッチーリリコ
  2. 高橋アイキャッチー
  3. 翔太アイキャッチー
  4. 吉澤アイキャッチー
  5. 釈アイキャッチー
  6. 杉村アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです

最近のコメント