五嶋龍の結婚の噂と父と母の半生が凄い!脅威の経歴と筋肉も

この記事は5分で読めます

五嶋龍アイキャッチー

幼少期からヴァイオリンの英才教育を受けて育ち
今年の頭までは「題名のない音楽会」での出演で
日本女性にもお置くのファンを持つヴァイオリニスト
の五嶋龍(28)。

彼の彼女や結婚の噂やその脅威の経歴に異色の筋肉
の理由や彼を育てた父と母親の半生が何とも壮絶で
凄すぎる。そんな彼の異父姉は五嶋みどりだ。

この芸術家一家のこれまでを追ってみよう。




Sponsored Link

五嶋龍プロフィール

名前   五嶋龍(ごとう りゅう)
愛称  RYU(りゅう)ブライアン
生年月日 1988年7月13日(28歳)
出身地  アメリカ合衆国ニューヨーク
身長   176㎝
最終学歴  ハーバード大学

五嶋龍の結婚の噂

日本でも今や世界でも有名なヴァイオリニストの
五嶋龍も今年の夏で29歳となる。

アメリカニューヨークを拠点にヴァイオリニストとして
活躍する彼の彼女との結婚の噂はあるのだろうか?

父
出典:http://ebravo.jp/archives/10615

彼女のキーワードの横に入っている女性がピアニストの
萩原麻末さんの名前があったが、いくら調べても彼女
ぽい情報がないのでおそらくは彼女とは無関係と思って
間違いないでしょう。

年齢的には2歳年上なので現実的に彼女であっても全く
不思議ではありませんが、ニューヨーカーの五嶋龍君の事。

ここはインターナショナルなガールフレンドがいるかも
い知れませんね。

今現在は彼女の存在や結婚の情報はなかったので恐らく
まだご結婚の予定はないと思いますが、いかにもイケメンで
モテそうなルックスの龍君なのでこの辺りは秘密めいていて
分からないのが現状です。

ただ大っぴらに交際しているステディな存在の
彼女は居なそうかな~と言った感じですね。

五嶋龍経歴と筋肉?

経歴凄いです。

3歳でヴァイオリニストの母節の指導の元より
ヴァイオリンを始め、その後も17歳年上の異父姉
五嶋みどりの存在もあり順調なヴァイオリニスト
としてのキャリアを積んでいく。

わずか7歳で北海道札幌の地で難曲と言われるパガニーニの
「ヴァイオリン協奏曲第一番」でデビュー。

当然家族の影響もありマスコミにも取り上げられ
デビューで注目を集める。

その後もサントリーホール、シンフォニーホール
カーネギーホールでもコンサートが開催。

コンサートの露出により有名処と言われるアシュケナージ
マゼール、ミッシャマイスキーの共演も果たし益々の知名度を
挙げそれがまたその後の名声に繋がりクラッシック界の
著名なヴァイオリニストとして名を馳せるようになる。

そして音楽だけでなく学歴も世界最高峰と言われる
ハーバードで物理学を学んだ彼は何と芸術家にも関わら
空手も2段の腕前と言うまさに文武両道。
彼女
出典:http://akogaresan.net/goto-ryu1/
幼いころの龍と母に姉のみどりさん。

バリバリの黒帯なのです。

音楽は母親と姉の影響を、空手は父や祖父の影響で初めて
有段者として黒帯になったのは同じく父親も黒帯を
持つ有段者としての実力者なのです。




Sponsored Link

五嶋龍の父と母の半生が凄い

そしてこの彼の両親こそが異色の半生を生きて
今がある事。

それは彼と彼の姉五嶋みどりにヴァイオリンの
手ほどきをした母五嶋節の半生がかなり強烈で
リアルに驚きます。

では避けては通れない彼の母親の半生を~

五嶋節
1949年3月29日戦後の大阪府守口市生まれの彼女は
空手師範の父と薬剤師の母との間に誕生。

母
出典:http://geinouwanda.net/teeki/502/

後に父親は大阪府守口市の市長を9期に渡って務めた
程の人物だ。

こんな比較的裕福な家庭の中、母親の考えから女であっても
将来手に職が付けられるようにと姉にはピアノを~節には
ヴァイオリンを5歳で習わせる。

その与えられたヴァイオリンで彼女は順調に
相愛高等学校音楽科入学。卒業後は音大を大学
在学中には映画音楽の録音や歌謡曲の伴奏などで
仕事を開始する程の腕前だった。

この頃からかなり勝気で型破りな性格だったようで
自分の才能を試すがごとくドイツ留学試験やオーケストラの
入団試験など次々と合格するも両親に反対される。

この時あまりにも落ち着きの無かった彼女に両親は
ヴァイオリンを取り上げたと言う。

そして、とにかく一度落ち着かせようとヴァイオリンを
返す条件で節をお見合い結婚させる。

1970年結婚。

翌年1971年10月25日五嶋みどりが誕生している。

そして当然のごとく娘のみどりにもヴァイオリンの手ほどきを
始めた節は娘みどりが3歳の時に異色の才能に気が付く。

このままではダメだ。

この才能を最大限に伸ばしてやらなければ~
その一心で彼女は家族の大反対を押し切って単身
アメリカへと娘を連れて1982年に渡米する。

渡米から間もなく夫と離婚。

娘みどりはジュリアード音楽院に入学し学費は
免除となったものの生活は決して楽ではなかった。

それでも自分には叶わなかった最高の環境の中での
英才教育を与えられる環境を娘みどりに与え、親子
2人での二人三脚が始まった頃に出会ったのが今の夫
である金城摩承(かねしろまこと)さんだったのです。

彼も元音楽家でヴァイオリニストとして従事していた
のが娘のみどりと同じドロシーディレイでした。

もちろんジュリアード音楽院は卒業生でありとっくに
卒業していた彼が接点を持ったのがドロシーのアシスタント
として採用されていた事がこの五嶋節との運命の出会いだった
のです。

でも当時彼(金城氏)は他の日本人留学生と女性と
結婚してました。

同じジュリアード繋がりで節さんも二人の結婚式に参加
しているそうです。

それでも二人の関係は始まってしまった。

止められない衝動に結局金城さんが妻に離婚を申し出します。

そこで妻が出した条件が当時の金城氏に
『音楽を捨てること』を唯一の条件に出したといいます。

金城氏も6歳でヴァイオリンをはじめ桐朋学園大学の
ヴァイオリン科2年でジュリアードに留学してきた生粋の
ヴァイオリニスト。

それでも彼はこの条件を飲んで妻との離婚をします。

そして出来た二人の子供が五嶋龍なのです。

節は節でこの時代に離婚成立を待たずに五嶋龍を未婚
のまま出産しているのです。

もうすでに娘のみどりが天才ヴァイオリニストとして
アメリカジュリアード音楽関係者では知らぬ人がいない
存在だった時の話です。

五嶋みどりと父親違いの弟として、そして龍の両親は
不倫関係にあった事、それらを知らぬ人は居ないと言います。

それでも二人はお互いを選んだのです。

だけどその後の後金城氏がまた只者じゃないんです。

彼は元妻との約束を守り離婚後、エール大学でMBAを取得。
ソニーに就職。

その後もセガの現地法人に転職して副社長にまで出世するも
企業買収や経営権争いに巻き込まれ結局45歳で取締役を辞任
されています。

父の金城氏と五嶋龍との苗字が違うのは当初不倫からの
略奪婚とは言え結婚にこだわってなかった二人は籍を入れる
つもりはなかったようです。

でも龍が誕生する頃姉のみどりが当時既に17歳だったころ
『いい年して、結婚したら』

この一言が二人を結婚するきっかけになり今では金城氏が
五嶋摩承となり、五嶋の姓を名乗っているそうです。

母の節さんの異例の決断力と破天荒さがあって姉のみどりの
成功と、そして異国の地で出会った禁断の恋も実らせ龍が誕生し
今の姉弟がある~

そう思うと凄すぎる五嶋節の半生もそして節の為に
音楽を捨てる事も厭わなかった父摩承氏も、要所
要所での決断となる節目の大きい事・・・

そんな二人の息子である五嶋龍が今の活躍を考えると
成程の血統にそして生誕までのヒストリーが強烈過ぎます。

これからの活躍に益々目が離せませんね~




Sponsored Link

おわりに

芸術とか音楽とか正直分かりませんが針に糸を通すような世界で一流として頂点に立つ人は本んの一握りだと言われます。そんな人達の今後をリードしていくだろう五嶋龍とこれから新たに作るだろうヒストリーから益々目が離せませんね。



Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです