豊田真由子代議士辞職が妥当?画像と違う音声の恫喝に夫の職業は

この記事は3分で読めます

豊田真由子アイキャッチー

またしても「安倍チルドレン」の豊田真由子代議士の
異常レベルの元秘書に対する暴行と恫喝が渦中の今当然の
流れで報じた出版社の週刊新潮の発売した今日22日自民党から
離党届けを出した豊田真由美衆議院議員(42)。

だがこの暴行や恫喝が事実であることは、音声を聞いた全国民
も知るとこと。

もはや議員辞職が妥当と言われる彼女の現在と表だった画像や国会
で見せる顔とのギャップに政治家の闇を見てしまった感が否めない。

このような女性の夫の職業とは一体何なのか?今後多大なる影響を
受けるであろう旦那の職業も追ってみよう。




Sponsored Link

豊田真由美代議士は離党じゃなく辞職が妥当!

当然と言えば当然だが今日6月22日発売の週刊新潮
報道の知らせは前日から大騒動となって事件の内容と
音声が世間に拡散される。

当然、またしても現役衆議院議員の起こした前代未聞
レベルのこの騒動は大きく翌日の今日朝から昼から
報道番組で取り上げられる。
音声
出典:http://news7-web.com/toyota-mayuko/

当ブログでも昨日同恫喝音声をUPさせてもらったが
今日は全国民各テレビ局から聞く事になっただろう。

都議選を目前に控えて、様々な問題が取りざたされる中
追い打ちをかけるかの如くの今回の「安倍チルドレン」
元秘書に対しての暴行、恫喝事件。

22日夕方自民党離党届が受理された。

だがこれ元秘書は診断書もとっており充分傷害事件でも
立証できるレベルの暴行事件。

離党ではなく議員辞職が妥当だと思うのだがいかがでしょうか?

元秘書が豊田氏の示談に応じるがどうかは別の話として
出来うる事なら証拠もある事ですし徹底的に告訴して
完全なる傷害事件として厳格な捜査をするべきである。

豊田真由美画像と大違い音声の恫喝が異常レベル

昨日のブログにも載せましたし今日のあらゆる
情報番組でこの音声を聞かれた方は多いと思うが
もう一度UPしておきます。

注意:かなりショックングな内容の発言ですので自己責任の上お聞きください!

正直学歴は世間一般的に見たら申し分のない女性なのはわかるが
精神異常者レべルにしか取れません。

恐ろしすぎて、終わった事で申し訳ありませんが
あの神戸の号泣議員を凌駕するインパクトです。

こんな人物が国を代表する国会議員だなんて勘弁してほしいです。
税金の無駄使いでしょう・・・




Sponsored Link

豊田真由美の夫の職業は

国会での答弁姿の豊田真由美氏と今回の秘書と言う
狭い空間での彼女の異常者レベルの発言と暴力は音声
から聞いても明らかです。

これほどギャップのある彼女は家庭人でもあるそうですが
一体夫の職業は何なのでしょう。

やっぱりと言うか自然の流れなのか彼女の夫は
国土交通省のキャリア官僚との事です。

今回の事件で少なからず夫にも影響がある事は間違いないでしょう。

家でも暴れるのかも~ですが・・・

既にこの夫との間に2007年厚労省時代のジュネーブの地で
息子を出産。

現在7歳で小学高1年生くらいでしょうか・・・

下に娘が4歳で娘もパリで出産してみえます。

子供の事を考えるとかなりかなり同情を覚えるレベルの
今回の事件発覚。

それにしても、元秘書の娘まで持ち出して車に弾かれたら~
物騒な脅し文句ともとれる暴言もはいている豊田真由美。

議員としてより、今一度一人の人間として立ち止まって
振り返ってもらう為にも是非刑事事件として元秘書には
とことん被害届を出してやり合って欲しいと思うばかりである。


こちらが彼女の表の顔でございます・・・この落差が恐ろしい(汗)

それにしても森友問題、加計問題、総理御用達ジャーナリストの
準強姦問題、安倍チルドレンの相次ぐスキャンダル。

かなり日本の将来に不安を感じる国民は増加するのも無理が
ないほどのブラックぶり、いよいよ安倍政権の終焉かもしれない。




Sponsored Link

おわりに

恐ろしすぎる表の顔と裏の顔が世間に明らかとなった豊田真由美の今後の辞職とその先を是非見届けたいと思います。東大出身でハーバードでも一番大切な事を学べなかった典型的な人としての道徳観を誰かにゼロから教わるべきだと思うのです。政治の世界は恐ろし過ぎます。



Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 朴槿恵大統領アイキャッチ
  2. 浜渦武生アイキャッチー
  3. 田中アイキャッチー
  4. 森喜朗アイキャッチー
  5. 森裕子アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです