チョンホジン結婚は若い頃に!家族への想いに父親は意外な有名人?

この記事は4分で読めます

チョンホジンアイキャッチ

韓国ドラマ界の重鎮であるチョンホジン。

大人の魅力が溢れるベテラン俳優で、
主役はもちろん、主人公のライバル役や
父親役までこなす大物です。

そんなチョンホジンですが、若い頃は
とてもイケメンだったことや家族に深い
愛情を持っていることで有名です。

実の父親の意外な存在など…

今回はそんなチョンホジンについてを詳しく
お伝えしていきます!

Sponsored LinkSponsored Link

チョンホジンプロフィール

チョンホジンのプロフィールは、次のとおりです。

氏名:チョン・ホジン(ハングル表記:천호진)
年齢:59歳(2019年10月現在)
生年月日:1960年9月9日
出身地:釜山広域市
身長:174センチ
体重:66キロ
学歴:仁荷大学校化学科中退
職業:俳優

チョンホジン結婚は若い頃に!

現在59歳で、大人の魅力たっぷりの
イケオジなチョンホジンですが、
若い頃もたいそうなイケメンでした。

当然既に結婚されているチョンホジン氏
ですが俳優としてのキャリアをスタート
させた年齢が23歳。

そして結婚は何とデビュー3年後の26歳
という若さで結婚をされています。

現在の韓流スターらの晩婚化を考えたら
26歳での結婚となると相当当時にしても早熟
だったのではないでしょうか。

恐らくは、まだ俳優として開花する前に結婚
していたと考えられ、生活が安定しない中でも
この人と一緒になりたい。と衝撃的に結婚された
のかな~と思うと情熱的な青年だった事が想像
出来ますね。

チョンホジンの若い頃もやっぱりイケメン!

若かりしチョンホジンは、今人気の中性的な
イケメンというよりも男らしさがあふれる、男も
惚れそうなイケメンという雰囲気です。

しかしガッツリとした男くささはあまり感じさせず、
優し気な目元にはどこか甘い雰囲気すら漂っており
本当の美男子とはこういう顔立ちのことを言うんで
しょうね。
若い頃
当の本人であるチョンホジンは、周りにイケメン
言われても若いころはみんなそんな感じ、自分は俳優
だから、たまたま褒められただけ、と謙遜していました。

周りから褒められても決して得意にならないさまで、
内面的にもイケメンであることがよくわかりますね!

今も昔もの正統派な男前って感じではないでしょうか。

Sponsored Link

チョンホジンの家族構成と愛情が凄い

家族
長年俳優として活躍しているチョンホジンは、
冒頭でも説明したように26歳の若さで1983年に
一般人女性と結婚しています。

その後一男一女に恵まれ、4人家族だったようです。

一般人ということもあってか、奥様やお子さんの
情報はいくら調べて詳しくはわかりませんでした。

また、俳優として様々な役柄を演じるチョンホジン
ですから家族などのプライベートな情報を出し過ぎて
イメージを崩さないようにという考えもありそうですよね。

このように私生活がベールに包まれていたチョンホジン
ですが、1度だけ、公の場で奥様に対する感情をあらわに
したことがあります。

それは、韓流ドラマ「黄金の私の人生」
主人公の父親役を演じ、演技大賞を受賞したときです。

授賞式のスピーチで「感謝を伝えたい人がいる」とし、
「君さえよければ次の人生もあなたと一緒に歩みたい」
奥様への溢れる想いを吐露しました。

人前で家族のことを話さないチョンホジンが
大勢の人の前でこのようなことを言うと、
胸に迫るものがありますよね…!

寡黙なイメージのチョンホジン氏だからこそ
ぐっと来るものがあるシーンでした。

また日曜大工が得意なチョンホジンさんは自身の作品や
その手法を著書でも紹介したりと、家庭的な一面も
あり、きっと家庭では、良い父親であり奥様にとっても
素敵な旦那様なんだろうな、と想像してしまいます。

チョンホジンの父親が想定外の有名人?

チョンホジンは、1983年にMBCの公開採用17 期生
として合格したことがきっかけで芸能界デビュー
しました。

その後様々な映画やドラマに出演してキャリアを
積み、日本では韓流時代劇ドラマ「六龍が飛ぶ」
主人公の父親役として知られるようになりました
(詳細は後述)。

また大ヒットしたドラマ「トンイ」の父親役としても
存在感ある演技で記憶に残っている方も多い事でしょう。

そんなチョンホジンの特技はなんと格闘技のようで、
テコンドー3段、柔道4段というかなりの強者です。

ちょっと意外じゃないですか?

実はチョンホジンの父親はチョンギュドクさんと
いう方で、韓国でプロレスラーとして活躍していた
格闘家だったそうなのです。

日本でも大活躍された力道山とも交流があり、力道山を
追って日本にプロレスラーとして来日する予定があった
程のレスラーだったとか。

その予定は力道山が亡くなった事によって計画白紙
となりましたが韓国でも生きた牛3頭をイベントで
素手で戦って倒すなど怪力として知られた人物だった
そうです。

勿論現在も健在で、恐らく年齢は87歳。

ちょっと意外なお父様ですよね~

何だかインテリな雰囲気もあるチョンホジンさん
なので、そこまで体育会系な家庭環境だった事に
かなり意外性を感じてしまいます。

チョンギュドクさんはもともとテコンドーを
していたそうで、かなりの怪力&実力者
だったようです。

そんな彼の息子であるチョンホジンですから
格闘技が特技でも不思議ではありませんよね!

でも、そんな父親の影響があってテコンドーや柔道の
上級者となっていた可能性が高いのかもしれませんね。

Sponsored Link

チョンホジンおすすめドラマ

様々な映画やドラマに出演しているチョンホジンですが、
なかでもおすすめな出演作品は2015年に放送された
韓流時代劇ドラマ「六龍が飛ぶ」です。
ドラマ

「六龍が飛ぶ」は高麗後期の14世紀を舞台にした
ドラマで、新たな理想国家を建てるため立ち上がった
6人の英雄の活躍を描く壮大な物語の韓国の時代劇です。

そんな「六龍が飛ぶ」で、チョンホジンは
主人公の父親であるイ・ソンギ役を演じました。

民に慕われる将軍であり弓の達人、そして朝鮮王朝の
初めての王であるイ・ソンギ
役を見事に演じあげ、
父親としての温かさや強さ、王としての顔なども
表現しました。

ストーリーが面白いのはもちろん、
チョンホジンの名演が光るドラマでもあるので、
気になる人はぜひチェックしてみてください!


さいごに

今回のまとめは、次のとおりです。
・1983年にMBCの公開採用17 期生として合格して芸能界デビュー
・特技は格闘技で、テコンドー3段と柔道4段を持っている
・若かりしころのチョンホジンは、男らしさがあふれるイケメンだった
・チョンホジンは、1983年に一般人女性と結婚しており、子供は一男一女で4人家族
・これまでは家族についてほとんど語らなかったチョンホジンだが、ドラマ「黄金の私の人生」で演技大賞を受賞したときに、奥様への感謝を口にしている
・チョンホジン出演のドラマでおすすめなのが、韓流時代劇ドラマ「六龍が飛ぶ」
・チョンホジンは「六龍が飛ぶ」で、主人公の父親であり朝鮮王朝の初めての王のイ・ソンギ役を演じた
韓流ドラマや映画では欠かすことができない存在であるチョンホジン、今も昔も男前で惚れ惚れしてしまいます。
これからも色んな役を演じ、韓流ドラマや映画を盛り上げていってほしいですよね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ソンヘギョアイキャッチー
  2. コンユアイキャッチー
  3. ソイングクアイキャッチ
  4. パクソンジュアイキャッチ
  5. パクソンジュアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです