名張毒ぶどう酒事件の奥西死刑囚が死亡!家族や評判は?無罪?

この記事は2分で読めます

世間を震撼させた昭和の未解決事件の主犯格である人物が54年の
歳月を経て事件の解決を見ずに八王子医療刑務所内で死亡した。
今だ未解決な事件は数あるがこの昭和を代表する事件の真相は
一体どうだったのか?逮捕されながらも最後まで無実を
訴えていた奥西死刑因とは?に迫りたいと思います。

Sponsored link

名張毒ぶどう酒事件とは?

1961年3月28日の夜三重県名張市葛尾(くずお)
地区の公民館での農村生活改善クラブの総会で
起きた事件です。

男性12人女性20人が出席する中、男性には
清酒、女性にはぶどう酒がふるまわれ、その後
ぶどう酒を口にした女性17人だけが急性中毒の
症状を訴える騒動に。

その内5人の当時25歳~36歳が死亡する事件と
なります。

内1人が奥西死刑因の妻(34歳)
もう1人が奥西の愛人(36歳)
だった事や、
女性らが飲んだぶどう酒に原因があると調べたところ、
農薬が混合されている事が発覚した。

当然関係のあった奥西が「三角関係のもつれ」
からの犯行の動機とし、翌月4月2日の時点では
亡くなった妻の犯行との主張としていたが4月3日
には自身での農薬混入を認め逮捕にいたる。

が、その後、逮捕後の取り調べから
犯行否定に転じる。

奥西死刑因の評判って悪かったの?

奥西勝死刑因の人物像は、きつい仕事も
率先してやる優しい人で人望もあったみたいです。

家庭でも子煩悩だったと言われています。

結構調べましたが、女好きではあったようで
画像を見ても分かる通り当時にしても結構な
男前、相当女性にはモテたようです。

調べてみても予想通りかなりモテる人
だったらしいです。

かなりな美男子で地区内の何人もの女性を巡って
三角関係、四角関係が複雑にからみ
あってたのは有名だったらしいです。

町内でも公然の事実だったらしく、ひいき目に
みても人として優いけど、女好きの女たらし
な一面はあったのかもしれません。

Sponsored Link

奥西死刑因に残された家族はいたのか

家族は実母のコヒデさんに妹さんが
見えたようです。

事件で亡くなったとは言え結婚されてた
妻との間に長男と当時中学に
上がる前の長女が居ました。

奥西死刑因が事件当時35歳だったから逆算
すると当時長男15~16歳長女が12~13歳位では
ないかと思われます。

そこから1審の無罪判決で釈放された約5年間意外
刑事施設に収容された期間は約50年だ。

それぞれ60代中盤といったところか。
残された家族の気持ちを考えると何と数奇な
運命なのかと思えて仕方ないですね。

本当は無罪の可能性もあった

無実を訴えながらも刑務所で亡くなった
奥西死刑因。

ですが、今回調べて、事件当初の1960年代独特
の村社会の目に見えない力関係や、あの当時から
あったであろう警察の圧力も関係があっての死刑
判決だったようです。

近年問題になった袴田さんへの取調べは
過酷をきわめ冤罪と認められたのは有名な事実です。

同じ時代に、このような事件で全く袴田さんと
同じでしょ?とは思わないまでも、じゃ少しも
無かったか?といえばまたそこも違うような気もします。

可能性としては無罪もゼロじゃなかったんだと
思ってしまいました。

ゼロでないなら何て悲しい人生だったのか?
と思わざるをえません。

数奇な運命をたどった奥西勝さん、享年
(89)歳長い間お疲れ様でした。安らかに

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. リンちゃん
  2. 山辺節子アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです