20代後半の肌のたるみは毛穴ケアがおすすめ!保湿ケア手抜きは命取り?

この記事は4分で読めます

体がだるい

20代後半にもなると美意識の高い人はお肌の変化
として肌のたるみなど、微妙な老化を感じる年代
かもしれません。

そんな時にこそ、目を背けず、取り入れて欲しいのが
早く取り入れるに越したことがないエイジングケア。

アラサーの私には関係ないと思わず是非、肌たるみを
感じたら毛穴ケアがおススメです。

そして20代後半女性の大半が手抜きしていると言われる
保湿ケアの重要性も同時に紹介したいと思います。

20代後半からの確実なエイジングケアが30代40代で
大きな違いとなって表れるので是非今から取り入れて
下さいね。

Sponsored Link

20代後半の肌のたるみは毛穴ケアがおすすめ

皮脂の分泌が盛んだった10代~20代前半から、20代後半
では皮脂量は一気に減少し、コラーゲンの構造状態は
悪化して行きます。

事実、多くの女性が20代後半あたりから肌の乾燥
感じやすくなってきます。

この「乾燥」こそが、シミ・シワ・たるみなどを加速
させる原因のほとんどなのです。

肌の状態が、かわるこの世代だからこそ、スキンケアも
乾燥対策を重視した新たな毛穴ケアをはじめてみましょう!

意外にも、エイジングケアや美肌ケアとして若い年代の
10代20代の足りないお手入れの一つに保湿ケアが足りない
と言われている事をご存知ですか?

化粧水は付けても、乳液やクリームはべた付くから
付けない、という20代の女性は非常に多いと言われて
います。

実はこの保湿ケアにこそ、乾燥を招き毛穴が広がった
状態に見せる効果があると言う事実をしっかり把握して
是非20代後半の女性には、必ず保湿ケアを取り入れる
事をおススメしたいと思います。

Sponsored Link

20代後半の間違いだらけの毛穴ケア

 

・洗浄力の強すぎるクレンジングに洗顔料

 
20代後半に限らず10代から20代全般に力を入れる
毛穴ケアで重要なのが、クレンジングや洗顔料に
力を入れる女性が多いようです。

皮脂の分泌の激しいTゾーンと口周りやアゴ周り
の乾燥を感じやすいUゾーンとの二つのゆらぎ肌
の状態に悩む年代でもあります。

肌のトラブルに悩む方の多く人が、スキンケアの
中でクレンジングや洗顔を軽視している人がとても
多いです。

1番多いのが冒頭で説明した、洗浄力の強すぎる
クレンジングと洗顔料で過剰に洗い過ぎる事。

もちろん逆にクレンジングや洗顔を上手に行うと
そのあと行うケアの効果もグンと上がります。

ただクレンジングや洗顔料の基本は【肌にやさしく】
洗い過ぎない事も重要です。

洗浄力の強すぎるクレンジングや洗顔料は、必要な
油分や水分まで奪ってしまい乾燥を加速させます。

また、洗顔方法はやさしく、なでるように使うのが原則です。

すすぎ残しがないように入念にすすぎましょう。

サッパリ系の化粧水より保湿力系

意外に思われるかもしれませんが、20代後半の肌の
たるみやは、乾燥によるハリの低下によるものが
多いと言われています。

極度の脂性肌の人以外は20代後半のアラサー年代なら
もう、あまりにサッパリ系の化粧水より、保湿系に
シフト
することをおススメします。

水分と油分は別物ですので、肌質に関係なく化粧水で
肌にしっかりとうるおいを与えましょう。

化粧水のタイプは今では、本当にサッパリからしっとり
中にはもっとしっとり、など多岐に渡り種類が豊富です。

1番大事なのは、自分の好きな使用感のタイプで良い
ので、化粧水はたっぷりと惜しみなく使えるタイプの
物を使用することをおススメします。

エイジングケアの鉄則は【乾燥させないスキンケア】です。

肌に潤い成分が減少すると、弾力を保つコラーゲンや
エラスチンの生成が少なくなり、肌がしぼんできます。

まずは肌にしっかり水分を浸透させ、たっぷり
保湿しましょう。

1度の使う量は500円玉大ほどが理想です。

1度で500円玉大分の化粧水を肌に馴染ませるのは
難しいので、少量ずつ2~3回に分けて手が肌に吸い
付くまで肌に馴染ませましょう。

理想は、その行為を2~3回繰り返してたっぷりと
化粧水でまずは、潤いの膜で水分補給を行いましょう。

手で化粧水をあたためてから、手全体で顔に押し
込むようになじませると馴染みやすいです。

化粧水で終わらない保湿の重要性

化粧水で保湿した後は、乳液でさらに保湿力を
あげましょう。

20代の女性や、酷い場合は30代や40代でも、この化粧水の
後の乳液を飛ばす人が多い事をご存知ですか?

乳液をべた付くから嫌い、と嫌煙する女性はホント
多いらしいのです。

でもニキビの酷い人でさえ、化粧水後の乳液での
保湿を奨励している場合がほとんどです。

使用感がべた付くからニキビに悪影響と考える人が
見えるようですが、真逆の発想だと言えるでしょう。

乳液は乳液中に含まれる油分が肌の表面に膜を作り
肌の水分の蒸発を防いでくれる効果があります。

さらに肌のバリア機能を強化してくれる嬉しい
効果もあります。

使う量は10円玉1枚分が目安です。

使う量が少ないと効果が半減するので肌質によって
べたつきが気になる方はさっぱりタイプを使いましょう。

顔の額・鼻先・顎・両頬の5点に置いてから顔全体に
伸ばすとムラなく乳液を顔に塗ることが出来ます。

さっぱりタイプの乳液を使っても、べたつきが
気になる時は、数分おいてからティッシュで
おさえるとべたつきが気にならなくなるでしょう。

逆に乾燥が気になる部分(目じりや口周り)などが
ある方は重ね付けをおすすめします。

また、美容液は肌のハリやシミなどの特定の
肌トラブルに効果は発揮しますので、化粧水と
乳液でしっかりと保湿ケアをした上で、それぞれ
悩みに合わせて上手に取り入れられるといいですね。

Sponsored Link

20代後半からエイジングケアをはじめよう

 
20代後半からエイジングケアをはじめるのは早いと
お思いの方も多いはず。

エイジングケアを始めるというと、一般的に思い
浮かべるのは40代ですが、実際は30歳前後から
エイジングケアを意識し始める方が多いようです。

一度たるんでしまった肌を日常のスキンケアで
元に戻すのは至難の業です。

早め早めのアプローチをすることによって30代、40代…
と歳を重ねていったときに必ず年齢を重ねた先に
違いが出てきます。

是非お肌の変化を感じたら、まずは正しいスキンケアの
基礎を見直して、しっかり化粧水と乳液での保湿対策を。

地味なお手入れと思うかもしれませんがお肌のターン
オーバーを考えたら1日や2日でお肌の構造は変わりません。

朝晩の正しいスキンケアを取り入れて、その上で
今の自分に必要だと思うエイジングケアを取り入れる
事が効果的なスキンケアかもしれませんね。

まずは基本のケアから見直しましょう。

毛穴ケアにはビーグレンが超即効性あります!



ビーグレンのレチノールが凄い!毛穴やたるみの効果期間が超時短

おわりに

誰しもが20代後半にさしかかると肌のうるおいが少しずつ不足してきます。正しい保湿方法で毛穴ケアを行い輝かしいハリのある肌を目指しましょう!美容の世界も日進月歩です、今や年齢を言い訳に出来ない時代に突入しているので、是非美肌をキープしてイキイキしたアラサーアラフォーを目指したいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. トレチノイン
  2. ビーグレン化粧水
  3. ビーグレン
  4. ビーグレン化粧水
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです