ミルコ・デムーロ好騎乗!「チャンピオンズC」サンビスタで大金星!

この記事は2分で読めます

ミルコアイキャッチー

日本の競馬界においてかなりの評判の
イタリア人騎手ミルコ・デムーロ。

その彼が、またしても偉業を達成した。
JRAに移籍してまだ1年目の彼の偉業が
すこい。
この中京競馬場の「チャンピオンズC]に
おいてもまさかの大金星。

しかも初の牝馬サンビスタでのテン乗り
大金星だ。

ここぞの時に度胸の据わった騎乗が評判
の彼の今回の偉業を追ってみましょう。
Sponsored Link



ミルコ・デムーロが「チャンピオンズC」テン乗り好騎乗!

2015年12月6日の第16回チャンピオンズカップ
で、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の12番人気サンビスタ
(牝6歳、栗東・角居勝彦厩舎)が直線鮮やかに抜け出してV。

レース史上初めて牝馬による勝利となった。
タイムは1分50秒4
ミルコチャンピオン
(3歳上オープン、GI、ダート1800メートル、
16頭立て、1着賞金=9400万円)
16回目の歴史で、初めて牝馬のチャンピオンが誕生した。
2着は3番人気ノンコノユメ。
3着には5番人気サウンドトゥルーだった。
サンビスタは北海道新ひだか町・グランド牧場の生産馬。
(株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオンの所有馬。
通算成績は28戦11勝(うち地方11戦5勝)。
重賞は6勝目。

12番人気でまさかのテン乗りのデムーロはやっぱり天才なのか?

テン乗りとは
騎手の乗り変わりで騎手がその馬にはじめて騎乗して出走する




Sponsored Link

ミルコ・デムーロがサンビスタで大金星!

私もこれはライヴで見ていたが今日の予想では
かなり調子んも良かった武豊騎手が乗る
コパノリッキーが有力馬とされていた。

ミルコ・サンビスタ
出だしに問題があるとされるコパノリッキー
の様子は関係者から見ても大変調子良く見えて
今日こそは~の雰囲気だったが、

スタート後方からが戦法が多い武豊がやはり
馬に合わせの前方からスタート。

最終コーナー手前まで先頭だったが、

ゴール手前でまさかのデムーロ。
デムーロとノンコノユメもかなり調子よく
サウンドトゥルー、ロワジャルダンが一瞬
並ぶマッチングレースとなったが、それも
本当に一瞬で、半馬身デムーロ騎乗の
サンビスタが先頭に。

その後はぶっちぎりの見事なタズナさばきで
サンビスタの圧勝だった。

平生から度胸が据わってると言われるデムーロ
騎手のここ一番のテン乗りはみてるこちらまで
気持ちのいい騎乗だった。

やはり競馬に絶対は無い。
騎乗後のインタビューでもデムーロ騎手も
「気持ち良かった」「今年もう引退になるかもしれない」
と言うほどのテン乗り。
お疲れ様でした。
いいモノ見せてもらいました。

まとめ

ミルコ・デムーロ「チャンピオンズC」サンビスタで大金星。
初の牝馬でしかもテン乗りでの勝利。
ミルコ・デムーロは6歳牝馬のサンビスタでの偉業達成。
まさかの大判狂わせだった。

武豊のコパノリッキーがスタートから最後までぶっちぎる
かと思いきや、まさかのサンビスタ。
やっぱり競馬は面白い。ミルコ・デムーロ最高。
これからのミルコ・デムーロに益々目が離せませんね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アイキャッチー豊
  2. 武邦彦アイキャッチー
  3. 佐々木アイキャッチー
  4. 藤田菜七子アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです

最近のコメント