青学田村和希の中学や西京校の経歴や父と3兄弟はマラソン選手?

この記事は3分で読めます

田村和希アイキャッチー

青学と言えば箱根駅伝の2連覇覇者としても
今や最強のイメージがありますがその箱根で
2年連続2区を激走し全日本大学駅伝で初優勝
となった立役者もまさに2区の田村和希の激走
あっての事。

そんな彼のWIKI的プロフィールと西京校時代の
経歴や3兄弟、彼女の噂まで追ってみよう。




Sponsored Link

田村和希プロフィール

田村和希(たむら かずき)
生年月日 1995年7月16日
出身地  山口県岩国市
身長   168㎝
体重   50kg
血液型  O型

田村和希出身中学と西京時代の経歴

いや~箱根駅伝の覇者である青学が念願の
全日本大学駅伝の優勝を決めましたね。

1区でのまさかの8位で一時はどうなるかと
思った青学を立て直したのはまさに2区の
田村和希の激走です。

何といってもあの身体で8位の出遅れを一気に
首位に立て直したのです。
中学
出典:http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20161106-OHT1T50078.html

しかも凄い激走で、一気に追いつき、そしてまた
3区前で抜かれて、そしてまた抜き返しての首位。

ちょっと鳥肌ものでした。

箱根でも2年連続の4区担当で区間新記録を
樹立している彼はもはや4区担当といっても
過言ではありません。

かなり前置きが長くなりましたがそんな彼の
出身中学を調べました。

一応普通に地元中学の山口県岩国市玖珂中学校卒業
されてます。

でも今後の為に必要情報となるでしょう?笑

で、高校は山口県西京高等学校卒業です。
高校から長距離選手として活躍して注目を
集め出した彼のこれまでの経歴?成績をご紹介
します。
西京
出典:http://www.flickriver.com/photos/coopoocoo/

2015年第91回箱根駅伝4区54分28秒の記録で
青学史上3人目の箱根駅伝区間賞獲得者となる。

2016年第92回箱根駅伝でも2年連続の>4区担当で
2年連続区間賞を獲得。

そしてつい先月の2016年10月の出雲駅伝にも出場。
2区で1位。去年の屈辱を晴らした青学の優勝と導き
ました。

そして締めが今日の2016年11月6日の全国大学駅伝
2区の区間賞。

もう文句無しの大活躍。

だって1区からのタスキでは8位だったんですよ。
それをごぼう抜きの首位。

しかもゴール前で刺されて刺し返すという超人技
をやってのけてます。
中学
出典:http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK00054_W6A101C1000000/

彼の激走とアンカーの一色恭志の激走あっての
全日本大学駅伝の青学優勝は間違いないでしょう。




Sponsored Link

田村和希は父も3兄弟もマラソン選手?

でもって彼の家族も気になり調べた所何と兄弟が
3兄弟のようです

弟さんの名前は順に田村友佑さん、田村友伸さんで
現在もみんな陸上をしているらしいです。

長距離がどうかは分かりませんが、まだ若いので・・
でも兄妹の夢は都道府県駅伝に兄弟で出場する事らしいです。

そして父親もマラソン選手のようなのです。
そんな家庭お目にかかった事がないからビックリ。

以前のTwitterで「父に比べたらまだまだ~」
との発言があったんだとか・・・

てかどんだけ早いお父さんなんだろ?
まだ負けるって事じゃないと思うけど・・・

おわりに

全日本大学駅伝本当に感動しましたね。一時はまさかの早稲田の勢いに今回も青学の優勝は厳しいな~と思ったものの
本当に全体の層が厚い。その中でも脅威的な選手2人(田村和希・一色恭志)と言う立役者の大活躍。年初めの3冠を掛けた箱根駅伝が今からかなり楽しみです。益々青学の勢いから目が離せませんね。選手も監督も凄すぎます。




Sponsored Link




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 久保田和真アイキャッチー2
  2. 原晋アイキャッチー
  3. 小野田アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

管理人 さゆりです