長友佑都の彼女は平愛梨だった。結婚宣言で家族や姉と同居生活?

この記事は3分で読めます

長友アイキャッチー

海外のインテル・ミラノで活躍する日本代表の
長友佑都(29)が女優の平愛梨(31)と交際
宣言した。

長らく独身の長友氏の彼女や結婚相手が話題に
なるなか、なかなか本命の公表がなかった彼の
交際宣言で、イタリア語での「アモーレ」発言
まで飛び出した。

長友氏と言ったら母子家庭で家族との絆も強く
姉も美人で有名だ。

結婚したら同居生活の可能性はある~などを
追ってみよう。




Sponsored Link

長友佑都の彼女は平愛梨

6月3日愛知県豊田市で行われている
キリン杯ブルガリア戦(3日、豊田スタジアム)
での練習試合の取材でサッカー日本代表DF長友佑都
(29)が女優の平愛梨との真剣交際を発表した。

どうも明日発売のフライデーに二人の交際を報じられる
事が発覚してのカミングアウトで、同紙では、平が妊娠
している「できちゃった婚」と報道されてる事から、

「妊娠はしていません」との発言も。

長友佑都の大事なアモーレで結婚宣言!

この取材でフライデーの出来ちゃった婚は否定した
ものの、交際に関しては、
「真剣にお付き合いしています。大切な人だし、
“アモーレ”ですね。イタリア語で『愛する人』
って意味ですけど」

長友結婚
などと、海外生活の長い彼らしい言葉で熱愛を宣言した。
そして、当然今後の結婚願望に関しても、

「結婚はしたいです」と発言した。

どうやら、このフライデーがいいきっかけに
なったりして・・・

長友佑都の母との絆

結構気が早いけど、こういったおめでたい事は
勢いとタイミングがかなり重要なので、ここで
彼の家族構成を少しだけ。

彼は小学3年で両親が離婚してから、女手一つで
長友さん含めて3人の兄妹を母親が育てた事は
有名です。
長友母
中学3年で県大会で3位になった学校で活躍した
長友氏は真剣にサッカーをやりたい、と思うも
強豪校の私立高校への進学をたやすく口に出せ
なかったといいます。

そんな彼を察して強豪校への進学を力強く推して
くれたのは、母親だったといいます。

親戚一同が反対する中、奨学金や教育ローンを
め―いっぱいに借りたと言います。

そして自分にも何かあった時を思って生命保険
3000万円に入ってイザの時は自殺してでも
学校は出すつもりでいたのです。

そんな思いで進学した強豪校の東福岡高校の
入学式を終えて自宅に付いた母に長友さんから
こんな一通のメールが届きました。
長友母
『僕は母さんがいてくれるだけでよかった。ほしいものも買わず
したいことも我慢して、一生懸命僕を育ててくれてありがとう』

もうこれ聞いて涙腺崩壊です・・・

なんて良い話。




Sponsored Link

長友佑都の兄妹は?

そこで兄妹ですが、このお母さまの凄いところは
姉、長友麻歩さんに、弟、宏次朗さんの2人も
大学に行かせるつもりだった事です。

凄いですね~母は強しです。

そういう事で母子だから出来ないと言わない
母の大サポートのおかげで弟宏次朗さんも東福岡高校
サッカー部(福岡県福岡市)を経て、関西大学サッカー部
(大阪府吹田市)でプレー。
長友兄妹
現在は兄の佑都さんがかつて在籍していたFC東京の
前身である「東京ガス」に勤務されています。

姉の麻歩さんは、サポーターとして佑都さんの
お応援なんかに出向き取材なんかも受けたりして
美人サポーターとしても有名らしいですよ。

そして姉の麻歩さんとは現在彼の拠点とする、
イタリアミラノで同居してるんです。

凄い兄妹仲がいいみたいで、栄養士がわりに弟の健康面や
食事面をサポートしてるみたいです。
長友姉
休みになったらお姉さんとイタリアシチリアに二人で
バカンスいったりするほどの仲の良さらしいですよ。

めちゃくちゃ素敵ですね。
こんな長友家に嫁いだら平愛梨さんも長友ファミリー
として同居なんかもありですよね。

年齢的にそう遠い話じゃなかったりして・・・汗

おわりに

長友佑都氏と女優の平愛梨さんとの交際宣言、これが
きっかけで意外にスピード婚もあり得るかも・・・
しかし素敵な長友家の家族愛に結構やられました。
これからもどんな形であれ素敵な家族を作られる長友さん
だろうな~と想像しながら益々目が離せませんね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 小林アイキャッチー
  2. ほまれアイキャッチー
  3. 武藤アイキャッチー
  4. 高倉アイキャッチー
  5. 原口元気アイキャッチー
  6. 柿谷アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

管理人 さゆりです

最近のコメント