琴奨菊やはり綱取りは絶望的か?大関稀勢の里の大一番に敗れ2敗目

この記事は3分で読めます

琴奨菊アイキャッチー

前場所の日本人力士の10年ぶりの優勝に
今春場所は綱取りのかかった大関琴奨菊。

今場所唯一無敗の大関稀勢の里も初優勝を
狙っての21日9日目春場所の二人には大一番の
大関対決であった。

息をのガチンコ相撲となり、どちらの大関にも
頑張って欲しい気持ちで見守る中、あっさりと
稀勢の里が突き落としで勝負を決めた。

唖然とした、その勝負にやっぱり今場所に
全てを賭けて戦っているのは、改めて綱取り
の琴奨菊だけではないのだな~と、物足りない
ながらもこの熾烈な戦いの行方を考えてみよう。

これで2敗となった琴奨菊に綱取りは
かなり絶望的となったのは間違いないだろう。

だが可能性があるとしたら~を追ってみる。
Sponsored Link



琴奨菊大関稀勢の里との大一番に敗れ2敗目

春場所9日目の21日エディオンアリーナ大阪
ただ一人の無敗大関稀勢の里と先場所10年ぶりに
日本人力士で優勝した大関琴奨菊の、見どころ満載の
大関対戦だ。

かたづを飲んで見守る中、その対決に勝利
したのは大関稀勢の里だ。

ガチンコ相撲を期待した会場のため息が聞こえて
くるかのような本の一瞬で勝負が決まった。

立ち合いから一瞬の突き落としで、琴奨菊を右で突き落とした。
これで、綱取りのかかる琴奨菊は2敗目となった。

琴奨菊やはり綱取りは絶望的か!

琴奨菊にとっても落とせない勝負のはずだった
この大関対戦。

取組後には、「しょうがないな。しょうがない」
の声とともに引き返していった琴奨菊。

だかこの春場所の折り返し9日目での2敗目は
痛恨の負けでありかなり今回の綱取りが
絶望的となったのは間違いないだろう。

それにしても、西の大関稀勢の里。
彼も何度も優勝を取りこぼし、前場所の
琴奨菊の優勝では、一番悔しい思いをした
大関には間違いない。

今日の取り組みは、がっつりの力相撲を
期待&想像していただけに、かなり肩透かし
なあっけない取り組みではあった。

だが、この大一番だからこそ絶対に優勝したい
稀勢の里には勝負の内容よりも、勝ちに
こだわった相撲の結果が今日のあの取り組み
だったのだな~とある意味納得も。

勝負よりも勝にこだわる。
これこそがシノギを削って綱取り・初優勝
をその手に出来る唯一の可能性なのかもしれない。





Sponsored Link

琴奨菊の綱取り可能性はまだある?

これで、全く琴奨菊の綱取りの可能性はなくなったのか?
答えは、限りなく絶望的とはなったがゼロではないだろう。

個人的にはゼロだと思いたくもない・・・

毎年春場所は荒れるともいわれる場所。

琴奨菊の弟弟子の琴勇輝の調子が右肩
上がりな事もあり勝負の世界はどこで
どうなるのかは分からない。

残す場所全てを勝利出来、(当然横綱3人、
大関1人含む)今日の大関対戦で負けた
稀勢の里のこの先の負けが続き、もう一度
琴奨菊が優勝に手がかかる勢い(流れ)
なればまだ一縷の可能性も無いとは言えまい。

だが、物事全てには流れという不可解な
理屈だけでは説明できないモノも存在する。

これら全ての流れをもう一度琴奨菊が
自分の手元に手繰り寄せる事が出来れば~の話。

なりふり何か構っていられない。
横綱白鵬のあの取り組みを見てもそうなのかも・・・
品格とか内容云々よりも、兎に角『勝つ』

これを究極に求められた者。
それが出来てこそ綱取りの可能性が再現出来る。

唯一の可能性ではないだろうか?

まとめ

やっぱり強い日本人力士が見たい。横綱も見たい。そして
優勝だってしてほしい。これに尽きる気持ちは
相撲ファンならば誰しも持ち合わせた感情だろう。
前場所の琴奨菊の優勝がどれだけ嬉しかったか。
盛り上がったか。それを考えたら琴奨菊にも、どれほど
少ない可能性でも、ゼロでないならばとことん追って欲しい
可能性だし、そして今日の取り組みの勝者稀勢の里にも
是非初優勝を決めて欲しいとも思うし、そんなこんなで
ますます今場所の大相撲から目が離せそうにない。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. き8
  2. 琴奨菊アイキャッチー
  3. %e7%9f%b3%e6%b5%a6%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%bc1
  4. 豪栄道アイキャッチー
  5. 稀勢の里アイキャッチー
  6. 琴奨菊アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです