オレグベルニャエフガチ切れ!内村航平に伝説の男で最高にクール

この記事は3分で読めます

オレグアイキャッチー

感動の体操男子個人総合でも見事な演技で
金メダルを獲得した内村航平。

その金、銀、銅メダル獲得した選手の会見で
金獲得の内村に対しての意地悪な質問が出た。

冷静に質問に答える内村に怒りの猛反論をして
くれたのは銀メダル獲得のオレグベルニャエフ
だった。

切磋琢磨した同士だからこそ分かる彼のこの反論に
競技で感動。会見でも更に感動のオレグのwikiや
彼が見た内村への世界に向けての堂々リスペクトを
追ってみよう。




Sponsored Link

オレグベルニャエフプロフィール

氏名  オレグ・ベルニャエフ
生年月日 1993年9月29日(22歳)
出身   ウクライナ

オレグベルニャエフの祖国は分裂国家

今回のリオ五輪を見ても内村を持ってしてもこれ以上
の力は出せないマックスまで出して最終本当にわずかの
0.099点の差で競り勝った内村航平。

だけど彼の凄いのはその環境にあります。
彼の祖国ウクライナは2014年から政権と親ロシア派勢力の
紛争が今だ収まる事なく続いています。
オレグ祖国
当然練習一つとってもその環境は劣悪な物だと言います。
あらゆる競技に必要な施設や器具はボロボロ

日本代表で内村クラスの選手でスポンサーや所属が
無いだなんて事はあり得ません。

でもウクライナでは無いのです。
その給料はたったの1カ月100ドル。

信じられない事にこの究極の技の練習をこの劣悪な
条件の中、母国で行いながらその費用も自らが
稼いでいるのです。

当然これだけの世界的いも優秀な選手を
他国が黙って見ている訳がありません。

好条件を並べて彼は何度もスカウトされてますが
それでもそれらのスカウト?移住?を蹴っています。

その理由はやっぱり、母国への愛国心と
残された母国の友人や家族の為にです。

若干22歳の彼は故郷が戦地となっていて
既に2年半も両親に会えていないと言うのにです。

悲しくなってしまいますが、それでも、それなのに
母国ウクライナの代表として出場することにこだわり
があるのでしょう。

彼の実力であれば喜んで手を差し伸べる国はいくらでも
あるのにも関わらず・・・です。




Sponsored Link

オレグベルニャエフが記者にガチ切れ!

8月11日日本時間での彼のロンドンに続く快挙に
メダル獲得選手3人の会見が開かれました。

その場で金メダルの内村に対して外人記者がとっても
意地悪で失礼な質問が出たのです。

『審判からかなり好意的に見られているのでは?』

この彼曰く出し切ったゆえのこの快挙にケチをつけるコメントに
内村自身は

「全くそんなことは思わない。どんな選手にも
公平にジャッジしてもらっている思う」


冷静なコメントを返した。

だがこれにキレて神反論してくれたのが
内村が、最後までしのぎを削って戦ったオレグ
だったのです。

彼には別の質問だったにも関わらず、いまの質問は
「無駄な質問」と一喝して見せた。
誰よりりも同競技の厳しさや難しさ、常人では
計り知れないプレッシャーとの闘い。

これらを一番同じように感じて戦った彼のこの
言葉こそが最大の記者に対する反撃であり、また
内村航平に対する最大のリスペクトだったのは
言うまでもない。

オレグベルニャエフの内村は最高にクール

内村クール

全文がこちら

審判も個人のフィーリングは持っているだろうが、
スコアに対してはフェアで神聖なもの。
航平さんはキャリアの中でいつも高い得点をとっている。それは無駄な質問だ

航平さんを一生懸命追っているが簡単じゃない。
この伝説の人間と一緒に競い合えていることが嬉しい。
世界で1番クールな人間だよ

        naver引用

また
「(体操界における)水泳のフェルプス(米国)のような存在。すでに伝説だ」

この発言が誰よりも内村航平をリスペクトした
言葉である事は間違いなく、競技以上に更なる
感動を世の中に発信したに違いないだろう。

内村もオレグに対しても今大会の厳しさに対しても
「オレグ自身が凄いことをやってきたので、
本当にギリギリで勝ったと言う感じ。次はないと。」

追記
今回のオレグのこのスペシャルなライバル内村に対する
神発言が更なる感動で日本でも反響をよんだようです。

港区にあるウクライナ大使館にはオレグを称賛する電話やメール
が殺到。そして是非寄付したい。
「ウクライナの体操界に新しい器具の購入費を寄付したい」

何かこれぞオリンピック精神ですよね。
いろんな意味でホント感動をありがとうって感じです。

クールな航平との年収差が悲しい・・
内村航平はタバコも吸う偏食家で有名。筋肉美と年収はどの位?
オレグと凌平君はタメなんですよ~
加藤凌平彼女も女遊びもするけどリオ代表決定のやる時はやる男証明
白井健三の実家体操クラブ創設した情熱家の父や兄家族の存在とは
白井健三また新技申請の絶好調も村上茉愛とは結婚もあり得る?
田中佑典の彼女や性格は?イケメンから劣化の噂に兄弟の今は?

おわりに

内村航平の超人的な才能や実力はもはや言うまでもないがそれらをこの
リオ五輪で一番ギリギリの状態で、そして同じ条件で戦ったライバルが
「伝説の男で最高にクール」これ以上の褒め言葉は恐らくないのでは?
今大会がもしかしたら引退となるかもしれない彼の今後や男気の一言で
一喝してくれたオレグも最高!
ウクライナの分裂が収まり平和が一刻も早く訪れますように。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 羽賀龍之介アイキャッチー
  2. 桃田アイキャッチー
  3. 浜口京子アイキャッチー
  4. 茉秋ベイカーアイキャッチー
  5. 伊調馨アイキャッチー
  6. ケンブリッジアイキャッチー
    • くりきんとん
    • 2016年 8月25日

    素晴らしい!!
    オレグさんが、素晴らしい反論をしていたことは知っていましたが、中身までは知りませんでした。

    そのような劣悪な環境でも、愛国心や家族愛を貫いて銀メダルを取ったオレグ選手、クールです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 さゆりです

最近のコメント